>   その他   >   尉繚子   >   将理第九

尉繚子 将理第九

凡將理官也。萬物之主也。不私於一人。夫能無於一人。故萬物至而制之、萬物至而命之。
およそしょう理官りかんなり。万物ばんぶつの主なり。一人いちにんわたくしせず。それよく一人いちにんわたくしするなし。ゆえに万物至りてこれをせいし、万物至りてこれをめいず。
  • 私 … 底本では「移」に作るが、『直解』に従い改めた。
君子不救囚於五歩之外。雖鈎矢射之、弗追也。故善審囚之情、不待菙楚、而囚之情可畢矣。笞人之背、灼人之脅、束人之指、而訊囚之情、雖國士有不勝其酷而自誣矣。今丗諺云、千金不死、百金不刑。試聽臣之言、行臣之術、雖有堯舜之智、不能關一言。雖有萬金、不能用一銖。
君子はしゅうを五歩の外にとどめず。鈎矢こうしこれをるといえども、追うなきなり。ゆえに善くしゅうの情をつまびらかにし、菙楚すいそを待たずして、しゅうの情くすべし。人のむちうち、人のわきばらき、人の指をつかねて、しゅうの情をたださば、国士といえども、そのこくえずしてみずからうるあらん。今の世のことわざに云う、「千金は死せず、百金はけいせられず」と。試みに臣の言を聴き、臣のじゅつを行なわば、堯舜ぎょうしゅんの智ありといえども、一言をかんするあたわず。万金まんきんありといえども、一銖いっしゅもちうるあたわず。
今夫决獄、小圄不下十數、中圄不下百數、大圄不下千數。十人聮百人之事、百人聮千人之事、千人聮萬人之事。所聮之者、親戚兄弟也。其次婚姻也。其次知識故人也。是農無不離田業、賈無不離肆宅、士大夫無不離官府。如此關聮良民、皆囚之情也。兵法曰、十萬之師出、日費千金。今良民十萬而聮於圄、上不能省。臣以爲危也。
いまそれごくを決するに、小圄しょうぎょは十数をくだらず、中圄ちゅうぎょは百数をくだらず、大圄たいぎょは千数をくだらず。十人は百人のことつらなり、百人は千人のことつらなり、千人は万人まんにんことつらなる。これにつらなるところの者は、親戚兄弟なり。その次は婚姻こんいんなり。その次は知識ちしきじんなり。これのう田業でんぎょうを離れざるなく、肆宅したくを離れざるなく、士大夫したいふ官府かんぷを離れざるなし。かくのごとく良民りょうみん関聯かんれんするは、みなしゅうの情か。兵法にわく、「十万の師でて、日に千金をついやす」と。いま良民りょうみん十万にして、囹圄れいぎょつらなり、かみることあたわず。臣以為おもえらくあやうし、と。
  • 囹 … 底本では「囚」に作るが、『直解』に従い改めた。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四