>   尉繚子   >   天官第一

尉繚子 天官てんかん第一

梁惠王問尉繚子曰、黄帝刑徳、可以百勝、有之乎。尉繚子對曰、刑以伐之、徳以守之。非所謂天官時日、陰陽向背也。黄帝者人事而已矣。何者。今有城、東西攻不能取、南北攻不能取。四方豈無順時乗之者耶。然不能取者、城高池深、兵器備具、財穀多積、豪士一謀者也。若城下、池淺守弱、則取之矣。此觀之、天官時日不若人事也。
りょう恵王けいおう尉繚子うつりょうしに問うて曰く、「黄帝こうてい刑徳けいとくあり、もって百勝すべしと、これありや」。尉繚子、こたえて曰く、「刑はもってこれをち、徳はもってこれを守る。いわゆる天官てんかん時日じじつ、陰陽の向背こうはいにあらず。黄帝は人事のみ。なんとなれば、今、城あり、東西よりむれども取ることあたわず。南北よりむれども取ることあたわず。四方にあに時にしたがいこれに乗ずる者なからんや。しかれども取ることあたわざるは、城高く池深く、兵器備具びぐし、財穀ざいこく多く積み、豪士ごうしぼういつにすればなり。もし城ひくく、池浅く、守り弱ければ、すなわちこれを取る。これにりてこれをれば、天官てんかん時日じじつ人事じんじかざるなり」。
  • 方 … 『直解』では「繇」に作る。
天官曰、背水陳爲絶、向阪陳爲廢軍。武王伐紂、背濟水、向山阪而陳、以二萬二千五百人、撃紂之億萬而滅商。豈紂不得天官之陳哉。楚將公子心與齊人戰。時有彗星出、柄在齊。柄所在勝。不可撃。公子心曰、彗星何知。以彗者、固倒而勝焉。明日與齊戰、大破之。黄帝曰、先神先鬼、先稽我智。謂之天、人事而已。
天官てんかんを案ずるに曰く、「背水はいすいじん絶地ぜっちとなし、向阪こうはんじん廃軍はいぐんとなす」と。武王ぶおうちゅうつに、済水せいすいにし、山阪さんはんに向かいてじんし、二万二千五百人をもって、ちゅうの億万を撃ちてしょうを滅ぼせり。あにちゅう天官てんかんじんを得ざらんや。しょう公子心こうししん斉人せいひとと戦う。時に彗星すいせいずるありて、せいにあり。のあるところは勝つ。撃つべからず。公子心こうししん曰く、「彗星すいせい何をか知らん。ほうきをもって闘う者は、もとよりさかしまにして勝つ」と。明日みょうにちせいと戦いて、大いにこれをやぶる。黄帝こうてい曰く、「神にさきだちに先だちて、まずわがかんがえよ」と。これを天官てんかんと謂うも人事じんじのみ。
  • 案 … 『直解』では「按」に作る。
  • 地 … 底本では「紀」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 闘 … 底本では「闘」の「mojikyo_font_071806」の部分を「mojikyo_font_067190」に作る。
  • 官 … 底本では「時」に作るが、『直解』に従い改めた。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四