>   その他   >   尉繚子   >   将令第十九

尉繚子 将令第十九

將軍受命、君必先謀於廟、行令於廷。君身以斧鉞授將曰、左右中軍、皆有分職。若踰分而上請者死。軍無二令。二令者誅。留令者誅。失令者誅。
将軍、めいくるとき、きみ必ずまずびょうはかり、れいていに行なう。きみずから斧鉞ふえつをもってしょうさずけてわく、「左右中軍ちゅうぐん、みな分職ぶんしょくあり。もしぶんえて上にう者あらばころせ。軍に二令にれいなし。二令にれいする者はちゅうす。れいとどむる者はちゅうす。令を失う者はちゅうす」と。
將軍告曰、出國門之外、期日中、設營、表置轅門、期之。如過時則坐法。將軍入營、即閉門清道、有敢行者誅、有敢高言者誅、有敢不從令者誅。
将軍げてわく、「国門こくもんづるのそと日中にっちゅうし、えいもうけ、ひょうして轅門えんもんを置き、これをつ。もし時をぎなば、すなわち法にさん」と。将軍、えいり、すなわち門をざし道をきよめ、あえて行く者あらばちゅうし、あえて高言こうげんする者あらばちゅうし、あえてれいに従わざる者あらばちゅうす。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四