>   その他   >   尉繚子   >   兵談第二

尉繚子 兵談へいだん第二

量土地肥而立邑。建城稱地、以城稱人、以人稱粟、三相稱、則内可以固守、外可以戰勝。戰勝於外、備主於内。勝備相應、猶合符節、無異故也。
土地の肥墝ひこうはかりてゆうを立つ。城を建つるには地をはかり、城をもって人をはかり、人をもってぞくはかり、三つあいかなわば、すなわち内はもってかたく守るべく、外はもって戦い勝つべし。戦い外に勝ち、そなえは内につかさどる。勝備しょうびあい応ずること、なお符節ふせつを合わせるがごときは、ことなることなきがゆえなり。
  • 墝 … 『直解』では「磽」に作る。
治兵者、若秘於地、若邃於天、生於無。故之。大不窕、小不恢。明乎禁舎開塞、民流者親之、地不任者任之。夫土廣而任、則國富、民衆而、則國治。富治者、民不發軔、出暴、而威制天下。故曰、兵勝於朝廷。不暴甲而勝者、主勝也。陣而勝者、將勝也。
兵を治むる者は、地にするがごとく、天にふかきがごとく、無より生ず。ゆえにこれを開けば、大なるもくつろがず、小なるもおおいならず。禁舎きんしゃ開塞かいそくに明かにして、民のりゅうする者はこれを親しみ、地のにんぜざる者はこれを任ず。それ広くして任ずれば、すなわち国富み、民おおくして制あれば、すなわち国おさまる。富みて治まる者は、民じんを発せず、こう、出でてさらさずして、しかも、天下を制す。ゆえにわく、兵、朝廷に勝つ、と。こうさらさずして勝つ者は、主のしょうなり。じんして勝つ者は、しょうしょうなり。
  • 開 … 底本では「關」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 制 … 底本では「治」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 甲 … 底本では「車」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 出暴 … 底本では「暴出」に作るが、『直解』に従い改めた。
兵起、非可以忿也。見勝則興、不見勝則止。患在百里之内、不起一日之師。患在千里之内、不起一月之師。患在四海之内、不起一歳之師。
兵の起こるは、忿いかりをもってすべきにあらず。しょうを見ればすなわちおこし、しょうを見ざればすなわちむ。うれい百里のうちにあれば、一日の師を起こさず。うれい千里のうちにあれば、一月いちがつの師を起こさず。うれい四海のうちにあれば、一歳の師をこさず。
將者、上不制於天、下不制於地、中不制於人。寛不可激而怒。清不可事以財。夫心狂目盲耳聾、以三悖率人者、難矣。
しょうたる者は、かみ、天に制せられず、しも、地に制せられず、なか、人に制せられず。かんにしてげきしていからすべからず。せいにしてつかうるに財をもってすべからず。それ心はきょうし、目はもうし、耳はろうし、三悖さんはいをもって人をひきいる者はかたし。
  • 目盲耳聾 … 『直解』では「耳聾目盲」に作る。
兵之所及、羊亦勝、鋸齒亦勝、縁山亦勝、入谷亦勝、方亦勝、圓亦勝。重者如山如林、如江如河、輕者如炮如燔、如垣壓之、如雲覆之。令聚不得以散、散不得以聚、左不得以右、右不得以左。兵如總木、弩如羊角、人人無不騰陵張膽、絶乎疑慮、堂堂決而去。
兵のおよぶ所は、羊腸ようちょうにもまた勝ち、鋸歯きょしにもまた勝ち、山にりてもまた勝ち、谷にりてもまた勝ち、ほうにもまた勝ち、えんにもまた勝つ。重き者は山のごとく林のごとく、こうのごとくのごとし。軽き者はくがごとくくがごとく、かきのこれを圧するがごとく、雲のこれをおおうがごとし。これをしてあつまりてもって散ずることを得ず、散じてもってあつまることを得ず、左はもってみぎすることを得ず、右はもってひだりすることを得ざらしむ。兵は総木そうぼくのごとく、羊角ようかくのごとく、人人ひとびと騰陵とうりょうしてきもり、疑慮ぎりょを絶ち、堂堂どうどうとして決してらざるなし。
  • 腸 … 底本では「膓」に作る。
  • 之 … 『直解』では「人」に作る。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四