>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   田家春望(高適)

田家春望(高適)

田家春望
田家でんか春望しゅんぼう
高適こうせき
  • 五言絶句。蕪・徒(平声虞韻)。
  • 田家 … いなかの家。
  • 春望 … 春景色のながめ。
  • 高適 … ?~765。盛唐の詩人。滄州渤海(山東省)の人。あざなは達夫。辺塞詩人として岑参とともに「高岑」と並び称される。『高常侍集』八巻がある。ウィキペディア【高適】参照。
出門何所見
もんでてなんところ
春色滿平蕪
春色しゅんしょく 平蕪へいぶ
  • 平蕪 … 雑草の生い茂った平地。
可歎無知己
たんずべし 知己ちききを
  • 知己 … 自分のことをよく理解してくれる人。
高陽一酒徒
高陽こうよう一酒徒いちしゅと
  • 一 … 『全唐詩』には「一作憶」とある。
  • 高陽一酒徒 … 高陽は今の河北省保定県東南。酒徒は飲んだくれ。『史記』酈生伝に見えるれき食其いきの故事による。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行