>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   夜別韋司士(高適)

夜別韋司士(高適)

夜別韋司士よる司士ししわかる)
こうせき     
  • 七言律詩。清・聲・行・城・迎(平声庚韻)。
  • 韋 … 人名。人物については不明。
  • 司士 … 官名。土木事業を管掌する地方官。
  • 夜別韋司士 … 『全唐詩』には、この題の下に「得城字」(じょうたり)とある。これは宴席において何人かで詩を作るとき、古い詩文の一句をとって、その句の一字ずつを皆に割り当て、その字を韻にして作詩するという。このとき、作者は「城」の字を割り当てられた。
  • 高適 … ?~765。盛唐の詩人。滄州渤海の人。あざなは達夫。『高常侍集』がある。ウィキペディア【高適】参照。
高館張燈酒復清
高館こうかんとうり さけきよ
  • 高館 … たかどの。高楼。
  • 張灯 … 灯火をあかあかとともし連ねる。
  • 酒 … 酌み交わす酒。
夜鐘殘月雁歸聲
夜鐘やしょう残月ざんげつ かりかえこえ
  • 夜鐘 … 夜ふけの鐘の音。
  • 残月 … 明け方の空に残っている月。有明の月。のこんの月。
只言啼鳥堪求侶
う 啼鳥ていちょうとももとむるにえたりと
  • 只言 … ~とばかり思っていたのに。
  • 侶 … なかま。
  • 啼鳥堪求侶 … 『詩経』小雅・伐木篇に、「木を伐ること丁丁とうとうたり、鳥鳴くこと嚶嚶おうおうたり。幽谷より出でて、喬木に遷る。嚶として其れ鳴くは、其の友を求むる声」(伐木丁丁、鳥鳴嚶嚶。出自幽谷、遷于喬木。嚶其鳴矣、求其友聲)とあるのにもとづく。ウィキソース「詩經/伐木」参照。
無那春風欲送行
いかんともするし 春風しゅんぷうこうおくらんとほっするを
  • 無那 … どうしようもない。
  • 送行 … 門出を見送る。
黄河曲裏沙爲岸
黄河こうが曲裏きょくり すなきし
  • 黄河曲裏 … 黄河の屈曲するところ。どの辺りかは不明。
白馬津邊柳向城
白馬津辺はくばしんぺん やなぎしろむか
  • 白馬津 … 渡し場の名。今の河南省かつ県の辺りにあったらしい。
莫怨他郷暫離別
うらかれ 他郷たきょう しばらく離別りべつするを
  • 他郷 … 自分の故郷でない土地。異郷。
知君到處有逢迎
る きみいたところ 逢迎ほうげいらん
  • 逢迎 … 人が手厚く歓迎してくれること。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行