>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   送鄭侍御謫閩中(高適)

送鄭侍御謫閩中(高適)

送鄭侍御謫閩中
てい侍御じぎょ閩中びんちゅうたくせらるるをおくる)
高適こうせき
  • 五言律詩。過・多・和・波(平声歌韻)。
  • 鄭 … 鄭某。人物については不詳。
  • 侍御 … 官名。侍御史。検察官のこと。
  • 閩中 … 今の福建省福州。
  • 謫 … 罪によって遠方へ流される。
  • 高適 … ?~765。盛唐の詩人。滄州渤海(山東省)の人。あざなは達夫。辺塞詩人として岑参とともに「高岑」と並び称される。『高常侍集』八巻がある。ウィキペディア【高適】参照。
謫去君無恨
謫去たくきょ きみうらむこと
  • 謫去 … 流罪となって辺地に流されてゆくこと。
閩中我舊過
閩中びんちゅう われもとぎたり
大都秋雁少
大都おおむね 秋雁しゅうがんすくなく
  • 大都 … おおよそ。たいがい。たいてい。
只是夜猿多
夜猿やえんおお
東路雲山合
東路とうろ 雲山うんざんがっ
南天瘴癘和
南天なんてん 瘴癘しょうれい
  • 瘴癘 … 南方の湿地に立ち込める毒気。これに当たるとマラリアなどの熱病や皮膚病にかかるという。
自當逢雨露
おのずからまさ雨露うろうべし
  • 雨露 … ここでは天子の恩沢に喩える。
行矣愼風波
け 風波ふうはつつしめ
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行