唐詩選:原文・書き下し文・注釈 - Web漢文大系
   >   唐詩選

唐詩選

 『唐詩選とうしせん』について
唐代の名詩選。七巻。明のはんりょうの編とされるが、編者未詳というのが定説である。詩形別に、五言古詩、七言古詩、五言律詩、五言排律、七言律詩、五言絶句、七言絶句という順序に配列されており、唐代の詩人128人の代表作465編が採録されている。我が国には江戸初期に伝来した。ウィキペディア【唐詩選】参照。
 凡例
  • 戸崎允明『箋註唐詩選』(『漢文大系』冨山房)を底本とし、諸本を参照して一部字句を訂正した。
  • 字句の訂正および校異についてはその都度注記した。
  • 原文は原則として正字体、書き下し文は新字体・現代仮名遣いとした。
  • Unicodeで表示できない漢字は今昔文字鏡24dot画像を使用した。
    → ウィキペディア【今昔文字鏡】参照。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行
野望(王績) 蜀中九日(王勃)
春暁(孟浩然) 送元二使安西(王維)
竹里館(王維) 鹿柴(王維)
送別(王維) 九月九日憶山中兄弟(王維)
春望(杜甫) 絶句(杜甫)
旅夜書懐(杜甫) 登岳陽楼(杜甫)
復愁(杜甫) 登高(杜甫)
黄鶴楼送孟浩然之広陵(李白) 早発白帝城(李白)
静夜思(李白) 望廬山瀑布(李白)
秋浦歌(李白) 峨眉山月歌(李白)
独坐敬亭山(李白) 子夜呉歌(李白)
越中懐古(李白) 蘇台覧古(李白)
山中与幽人対酌(李白) 山中問答(李白)
除夜作(高適) 別董大(高適)
春夜(蘇軾) 磧中作(岑参)
江雪(柳宗元) 楓橋夜泊(張継)
勧酒(于武陵) 秋夜寄丘二十二員外(韋応物)
登鸛鵲楼(王之渙) 涼州詞(王之渙)
涼州詞(王翰) 黄鶴楼(崔顥)
香炉峰下新卜山居…(白居易) 芙蓉楼送辛漸(王昌齢)
度桑乾(賈島) 秋風引(劉禹錫)
山行(杜牧) 江南春(杜牧)
楽遊原(李商隠) 夜雨寄北(李商隠)