>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   行軍九日思長安故園(岑参)

行軍九日思長安故園(岑参)

行軍九日思長安故園
行軍こうぐん 九日きゅうじつちょうあんえんおも
岑參しんじん
  • 五言絶句。來・開(平声灰韻)。
  • 行軍 … 臨時の軍営。
  • 九日 … 九月九日、重陽の節句。
  • 故園 … ふるさと。
  • 行軍九日思長安故園 … 『万首唐人絶句』等では「九日思長安故園」に作る。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
強欲登高去
いてたかきにのぼらんとほっするも
無人送酒來
ひとさけおくきた
  • 送酒来 … 陶淵明に江州の刺史王弘が酒を送り届けてくれた故事に基づく。
遙憐故園菊
はるかにあわれむ えんきく
應傍戰場開
まさ戦場せんじょううてひらくべし
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行