>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   邯鄲少年行(高適)

邯鄲少年行(高適)

邯鄲少年行
邯鄲かんたんしょうねんこう
高適こうせき
  • 七言古詩。子・裏・死(上声紙韻)、紛・君(平声文韻)、薄・索(入声薬韻)、遊・求・頭(平声尤韻)。
  • 邯鄲少年行 … 「邯鄲」は現在の河北省邯鄲市。戦国時代、趙の都。「少年行」は楽府題のひとつ。『文苑英華』では「少年行」に作り、「一作邯鄲少年行」とある。
  • 高適 … ?~765。盛唐の詩人。滄州渤海(山東省)の人。あざなは達夫。辺塞詩人として岑参とともに「高岑」と並び称される。『高常侍集』八巻がある。ウィキペディア【高適】参照。
邯鄲城南游俠子
邯鄲かんたん城南じょうなん 游俠ゆうきょう
  • 南 … 『全唐詩』には「一作西」とある。
  • 游俠子 … 男伊達だての若者。
自矜生長邯鄲裏
みずかほこる 邯鄲かんたんうち生長せいちょうすと
  • 矜 … 自慢する。『全唐詩』には「一作言」とある。
千場縱博家仍富
千場せんじょう はくほしいままにしていえ
  • 千場 … ばくちの場数の多いこと。
  • 博 … ばくち。
  • 仍 … それでもなお。
幾處報讎身不死
幾処いくしょあだほうじてせず
  • 処 … 『全唐詩』では「度」に作る。
  • 報讎 … かたきを討つ。
宅中歌笑日紛紛
宅中たくちゅう歌笑かしょう 紛紛ふんぷん
  • 宅中 … 若者の屋敷。
  • 歌笑 … 宴会の歌声や笑い声。
  • 笑 … 『文苑英華』では「舞」に作る。
  • 紛紛 … 入り乱れてにぎやかな様子。
門外車馬如雲屯
門外もんがいしゃ くもたむろするがごとし
  • 如雲屯 … 雲がたむろするように多く集まること。『全唐詩』では「常(一作矗)如雲(一作如雲屯)」に作る。
未知肝膽向誰是
いまらず 肝胆かんたんたれむかってかなる
  • 未知 … まだわからない。
  • 肝胆 … 本心。
令人卻憶平原君
ひとをしてかえって平原君へいげんくんおもわしむ
  • 人 … 『全唐詩』には「一作此」とある。
  • 平原君 … 戦国時代の四君のひとり。趙の武霊王の子。名は勝。平原は号。食客は常に数千人に達したという。ウィキペディア【平原君】参照。
君不見今人交態薄
きみずや 今人きんじん交態こうたいうすきを
  • 君不見 … 見たまえ。ここの「君」は特定の人物をささない。
  • 今人 … 今の世の人。
  • 交態 … つきあい方。
黄金用盡還疎索
黄金おうごんもちくせば疎索そさく
  • 疎索 … よそよそしいさま。語頭子音〔s〕が同じ双声語。
以茲感歎辭舊遊
ここもっ感歎かんたんして旧遊きゅうゆう
  • 以茲 … そこで。
  • 歎 … 『全唐詩』には「一作激」とある。
  • 旧遊 … これまでの交友。
更於時事無所求
さら時事じじおいもとむるところ
  • 時事 … 世間のこと。
且與少年飮美酒
しばらしょうねんしゅ
  • 且 … まあしばらく。
往來射獵西山頭
往来おうらい射猟しゃりょうせん 西山せいざんほとり
  • 往来 … 行き来すること。
  • 射猟 … 狩猟。
  • 西山 … 肝膽の町の西方の山。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行