>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   酔後贈張九旭(高適)

酔後贈張九旭(高適)

醉後贈張九旭
酔後すいご 張九旭ちょうきゅうきょくおく
高適こうせき
  • 五言律詩。然・顚・前・眠(平声先韻)。
  • 張九旭 … 張は姓、旭は名、九は排行九番目。杜甫の「飲中八仙歌」に歌われた人物。
  • 高適 … ?~765。盛唐の詩人。滄州渤海(山東省)の人。あざなは達夫。辺塞詩人として岑参とともに「高岑」と並び称される。『高常侍集』八巻がある。ウィキペディア【高適】参照。
世上謾相識
世上せじょう まんあい
  • 世上 … 世間。
  • 謾 … 漫然。
  • 相識 … 顔見知りになる。
此翁殊不然
おう ことしからず
興來書自聖
きょうきたってしょおのずからせい
  • 興 … 感興。
  • 書自聖 … 杜甫の「飲中八仙歌」に「張旭は三杯にして草聖と伝う」とある。聖は聖人。
醉後語尤顚
酔後すいご もっとてんなり
  • 顚 … きちがいじみている。
白髮老閒事
白髪はくはつ 間事かんじ
青雲在目前
青雲せいうん 目前もくぜん
牀頭一壺酒
牀頭しょうとう 一壺いっこさけ
  • 牀頭 … ベッドのあたり。
能更幾囘眠
さら幾回いくかいねむ
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行