>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七絶   >   別董大(高適)

別董大(高適)

別董大
董大とうだいわか
高適こうせき
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻二百十四、『高常侍集』巻八(『四部叢刊 初篇集部』所収)、『高常侍集』巻八(『唐五十家詩集』所収)、『万首唐人絶句』七言・巻四(明嘉靖刊本影印、文学古籍刊行社、1955年)、『古今詩刪』巻二十一(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、59頁)、『唐詩品彙』巻四十八、『唐詩別裁集』巻十九、他
  • 七言絶句。曛・紛・君(平声文韻)。
  • ウィキソース「別董大 (十里黃雲白日曛)」「高常侍集 (四部叢刊本)/卷第八」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』『四部叢刊本』『唐五十家詩集本』では「別董大二首 其一」に作る。『万首唐人絶句』では「別董大二首 其二」に作る。
  • 董大 … 人名。董は姓。大は排行第一(一族中の同世代の最年長者)。董大については、琴の名手であるとう庭蘭ていらんとする説と、とう令望れいぼうとする説とに分かれる。董庭蘭については、同時代の詩人李頎りきに「董大の胡笳こかを弾ずるを聴き、兼ねて語を寄せ、房給事にたわむる」(聽董大彈胡笳兼寄語弄房給事)(『唐詩三百首』七言古詩、『全唐詩』巻一百三十三)という詩がある。ウィキソース「聽董大彈胡笳聲兼寄語弄房給事」参照。一方、徐俊纂輯『敦煌詩集残巻輯考』(中華書局、2000年、95頁)では、詩題を「董令望に別る」(別董令望)に作る。董令望という人物については未詳。
  • 別 … 送別する。
  • この詩は、董某という人物に作者が辺境で遭遇し、また旅立っていく彼を励まして詠んだもの。劉開揚『高適詩集編年箋註』(中華書局、1981年)の年譜には、天宝六載(747)、四十四歳の作とある。
  • 高適 … ?~765。盛唐の詩人。滄州渤海(山東省)の人。あざなは達夫または仲武。天宝八載(749)、有道科に推挙され、受験して及第。封丘(河南省封丘県)の尉に任ぜられたが辞任し、辺塞を遊歴した。晩年は刑部侍郎、左散騎常侍に至った。辺塞詩人として岑参とともに「高岑」と並び称される。『高常侍集』八巻がある。ウィキペディア【高適】参照。
十里黃雲白日曛
じゅう黄雲こううん 白日はくじつくら
  • 十里 … 十里の彼方まで。ここでは「空一面に」の意。
  • 十 … 『唐詩別裁集』では「千」に作る。
  • 黄雲 … 黄色い雲。黄色がかった雲。黄塵を巻き上げた雲。『淮南子』けい訓に「黄泉の埃、のぼりて黄雲と為るや、陰陽相せまりて雷と為り、激揚げきようして電と為る」(黃泉之埃、上爲黃雲、陰陽相薄爲雷、激揚爲電)とある。ウィキソース「淮南子/墜形訓」参照。また江淹の「雑体詩三十首 古離別」(『文選』巻三十一、『玉台新詠』巻五)に「黄雲は千里をおおう、遊子は何れの時にか還らん」(黄雲蔽千里、遊子何時還)とある。ウィキソース「古離別 (江淹)」参照。
  • 白日 … 太陽。太陽の光。
  • 曛 … 太陽の光がぼんやりしていること。暗くかすむこと。たそがれ時の淡い光を指す。『集韻』に「曛は、日入るの余光」(曛、日入餘光)とある。ウィキソース「集韻 (四庫全書本)/卷02」参照。
北風吹雁雪紛紛
北風ほくふう かりいてゆき紛紛ふんぷん
  • 雁 … 『唐詩選』『四部叢刊本』『唐五十家詩集本』『万首唐人絶句』『唐詩品彙』では「鴈」に作る。同義。
  • 紛紛 … 盛んに入り乱れること。雪が盛んに降る形容。『詩経』小雅・信南山の詩に「じょうてんくもあつまり、ゆきらすこと雰雰ふんぷんたり」(上天同雲、雨雪雰雰)とある。雰は、紛の仮借字。毛伝に「雰雰は雪ふる貌。豊年の冬、必ず積雪有り」(雰雰雪貌。豐年之冬、必有積雪)とある。ウィキソース「詩經/信南山」「毛詩正義 (四庫全書本)/卷20」参照。
莫愁前路無知己
うれうるかれ ぜん 知己ちききを
  • 莫愁 … 心配することはない。心配するな。
  • 莫 … 「~(こと)なかれ」と読み、「~してはいけない」「~するな」と訳す。禁止の意を表す。「勿」も同じ。
  • 前路 … これからの旅先。
  • 知己 … 自分をよく理解してくれる人。『史記』晏嬰伝に「君子は己を知らざるにくっするも、己を知る者にぶ」(君子詘於不知己、而信於知己者)とある。ウィキソース「史記/卷062」参照。また刺客伝・豫譲の条にも「嗟乎ああ、士は己を知る者の為にし、女は己をよろこぶ者の為にかたちづくる」(嗟乎、士爲知己者死、女爲説己者容)とある。ウィキソース「史記/卷086」参照。また秦宓しんひつの「遠遊」(『古詩紀』巻二十七)に「巌穴がんけつ我がとなりに非ず、林麓りんろく知己無し」(巖穴非我鄰、林麓無知己)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷027」参照。
  • 己 … 『四部叢刊本』『唐五十家詩集本』『古今詩刪』『唐詩別裁集』『唐詩品彙』では「巳」に作る。『万首唐人絶句』では「已」に作る。
  • 服部南郭『唐詩選国字解』には「莫愁なぐさむる辭なり、そこもとは、手前がやうな親しい友達にわかるれば、前路で知己なものがあるまいと、氣の毒に思し召すな」とある。『漢籍国字解全書』第10巻(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
天下誰人不識君
てん 誰人たれびときみらざらん
  • 誰人不識君 … 誰が君を知らないだろうか、いや誰だって君を知っている。
  • 誰人 … 「たれひとか~(せ)ん」と読み、「誰が~(するの)か、いや誰も~(し)ない」と訳す。反語を表す。
  • 服部南郭『唐詩選国字解』には「そこもとは器量すぐれた人なれば、ゆくさきで重じ、君を待受るであらう程に、愁ずに氣象にしてゆかれい」とある。『漢籍国字解全書』第10巻(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行