>   故事成語   >   さ行   >   死せる孔明生ける仲達を走らす

死せる孔明生ける仲達を走らす

せる孔明こうめいける仲達ちゅうたつはしらす
  • 出典:『蜀志』諸葛亮伝・注、『十八史略』巻三・三国
  • 解釈:死後なお威光が残っていて、生きている人を畏れさせること。
〔十八史略、三国〕
亮數挑懿戰。懿不出。乃遺以巾幗婦人之服。亮使者至懿軍。懿問其寢食及事煩簡、而不及戎事。
りょう数々しばしばたたかいをいどむ。でず。すなわおくるに巾幗きんかく婦人ふじんふくもってす。りょう使者ししゃぐんいたる。寝食しんしょくおよこと煩簡はんかんうて、戎事じゅうじおよばず。
  • 亮 … 三国時代、蜀の忠臣。姓は「諸葛」、諱は「亮」、あざなは「孔明」。
  • 懿 … 三国時代、魏の権臣。姓は「司馬」、諱は「懿」、あざなは「仲達」。
  • 巾幗 … 女性が頭を包む布。転じて、女性のこと。
  • 煩簡 … 忙しいことと暇なこと。
  • 戎事 … 軍事。
使者曰、諸葛公夙興夜寐、罰二十以上皆親覽。所噉食、不至數升。懿告人曰、食少事煩、其能久乎。
使者いわく、諸葛しょかつこうつとき、よわね、ばつ二十にじゅう以上いじょうみずかる。噉食たんしょくするところは、数升しゅうしょういたらず、と。ひとげていわく、しょくすくなくことわずらわし、ひさしからんや、と。
  • 夙興夜寐 … 朝は早くから起き、夜は遅くなってから休む。日夜、政務に励むこと。『詩経』から。
  • 罰二十 … 杖で二十打つ軽い刑罰。
  • 噉食 … 噉は啖に同じ。がつがつ食う、の意であるが、ここでは単に食うこと。
  • 数升 … わが国の3、4合程度。
亮病篤。有大星、赤而芒、墜亮營中。未幾亮卒。長史楊儀整軍還。百姓奔告懿。懿追之。姜維令儀反旗鳴鼓、若將向懿。懿不敢逼。百姓爲之諺曰、死諸葛、走生仲達。懿笑曰、吾能料生、不能料死。
りょうやまいあつし。大星たいせいり、あかくしてぼうあり、りょう営中えいちゅうつ。いまいくばくならずしてりょうしゅつす。長史ちょうし楊儀ようぎぐんととのえてかえる。百姓ひゃくせいはしってぐ。これう。姜維きょういをしてはたかえつづみらし、まさむかわんとするがごとくせしむ。えてせまらず。百姓ひゃくせいこれためことわざしていわく、せる諸葛しょかつける仲達ちゅうたつはしらしむ、と。わらっていわく、われせいはかれども、はかることあたわず、と。
  • 芒 … 光の尾。
  • 卒 … 身分のある人が死ぬ。
  • 長史 … 官名。
  • 楊儀 … 三国時代、蜀の忠臣。あざなは威公。
  • 姜維 … 三国時代、蜀の将軍。あざなは伯約。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ