>   故事成語   >   は行   >   白眉

白眉

白眉はくび
  • 出典:『蒙求』馬良白眉
  • 解釈:多くの中で最もすぐれているものや人のたとえ。
蜀志、馬良字季常、襄陽宜城人。兄弟五人、竝有才名。郷里爲之諺曰、馬氏五常、白眉最良。良眉中有白毛。故以稱之。先主稱尊號、以良爲侍中。
蜀志しょくしにいう、馬良ばりょうあざな季常きじょう襄陽じょうよう宜城ぎじょうひとなり。兄弟けいてい五人ごにんならびに才名さいめいり。郷里きょうりこれためことわざしていわく、馬氏ばし五常ごじょう白眉はくびもっとし、と。りょう眉中びちゅう白毛はくもうり。ゆえもっこれしょうす。先主せんしゅ尊号そんごうしょうし、りょうもっ侍中じちゅうす。
  • 蜀志 … 巻九。
  • 馬良 … 蜀の劉備の臣。
  • 五常 … 兄弟五人すべての字に「常」の字が付いたから。
  • 白眉 … 馬良を指す。
  • 先主 … 劉備。
  • 尊号を称し … 帝位に即くこと。
  • 侍中 … 官名。天子に政務を奏上する官。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ