>   故事成語   >   さ行   >   千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず

千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず

千里せんりうまつねれども、伯楽はくらくつねにはらず
  • 出典:韓愈かんゆ雑説ざっせつ
  • 解釈:一日に千里も走ることのできる名馬は常に存在するが、それを見いだす伯楽は常に存在するとは限らない。いかに才能のある人がいても、それを認めて用いてくれる人が少ないことのたとえ。「伯楽」は名馬を見分ける名人。
世有伯樂、然後有千里馬。千里馬常有、而伯樂不常有。故雖有名馬、祇辱於奴隸人之手、駢死於槽櫪之間、不以千里稱也。
伯楽はくらくって、しかのち千里せんりうまり。千里せんりうまつねれども、伯楽はくらくつねにはらず。ゆえ名馬めいばりといえども、ただ奴隷人どれいじんはずかしめられ、槽櫪そうれきあいだ駢死へんしして、千里せんりもっしょうせられざるなり。
  • 伯楽 … 馬のよしあしを見分ける人。名馬を見分ける名人。ここでは、名君・賢相にたとえている。「伯楽」がなまって「博労ばくろう馬喰ばくろう」になったといわれている。
  • 千里馬 … 一日に千里も走る名馬。ここでは、すぐれた人物・賢臣にたとえている。
  • 不常有 … いつもいるわけではない。ちなみに「常不有」の場合は、「常に有らず」と読み、「いつもいない」という意味になる。
  • 祇 … ただ。
  • 辱 … 恥ずかしい目にあわされる。
  • 奴隷人 … ここでは使役の人。身分の低い役人。
  • 駢死 … 首を並べて死ぬ。
  • 槽櫪 … 馬の飼い葉おけ。転じて、馬小屋。「櫪」は馬屋の敷き板。
  • 不以千里称也 … 一日に千里も走る名馬だと、ほめたたえられない。
馬之千里者、一食或盡粟一石。食馬者、不知其能千里而食也。是馬也、雖有千里之能、食不飽、力不足、才美不外見。且欲與常馬等、不可得。安求其能千里也。
うま千里せんりなるものは、一食いっしょくあるいはぞく一石いっこくくす。うまやしなものは、千里せんりなるをりてやしなわざるなり。うまや、千里せんりのうりといえども、しょくかざれば、ちかららず、さいそとあらわれず。つねうまひとしからんとほっするも、からず。いずくんぞ千里せんりなるをもとめんや。
  • 馬之千里者 … 馬の中で一日に千里も走るものは。
  • 一食 … 一度の食事。
  • 或 … ある時には。
  • 粟 … 穀物の総称。
  • 一石 … 十斗。唐代の一石は約59リットル。
  • 食馬 … 馬を養う。馬を飼育する。
  • 食不飽 … 食糧が充分でない。
  • 才 … 能力。才能。
  • 美 … 立派なこと。
  • 且 … その上に。
  • 常馬 … 普通の馬。
  • 等 … 同じ働きをする。
  • 安 … 「いずくんぞ」と読み、「どうして~であろうか、決して~でない」と訳す。反語の意を示す。
策之不以其道、食之不能盡其材。鳴之而不能通其意。執策而臨之曰、天下無馬。嗚呼、其眞無馬邪、其眞不知馬也。
これむちうつにみちもってせず、これやしなうにざいくすあたわず。これけどもつうずるあたわず。むちりてこれのぞんでいわく、天下てんかうましと。嗚呼ああまことうまきか、まことうまらざるか。
  • 策之 … 名馬をむちで打って働かせる。
  • 其道 … ふさわしい扱い方。
  • 材 … 才能。能力。「才」に同じ。
  • 鳴之 … 鳴いて訴える。
  • 不能通其意 … (飼い主が)馬の気持ちを理解することができない。
  • 馬 … 千里の馬を指す。
  • 嗚呼 … ああ。感動詞。
  • 其真無馬邪 … ほんとうに名馬がいないのだろうか。「邪」は「か」と読み、「~であるか」と訳す。
  • 其真不知馬也 … ほんとうに名馬を見抜く人がいないのだろうか。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ