>   孫子   >   謀攻篇

孫子 謀攻篇

孫子曰、用兵之法、全國爲上、破國次之、全軍爲上、破軍次之、全旅爲上、破旅次之、全卒爲上、破卒次之、全伍爲上、破伍次之、是故百戰百勝、非善之善者也、不戰而屈人之兵、善之善者也、
孫子曰く、およそ兵をもちうるの法は、国をまっとうするをじょうとなし、国をやぶるはこれにぐ。軍をまっとうするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。りょまっとうするを上となし、りょを破るはこれに次ぐ。そつまっとうするを上となし、そつを破るはこれに次ぐ。まっとうするを上となし、を破るはこれに次ぐ。このゆえに、百戦ひゃくせん百勝ひゃくしょうは善の善なるものにあらざるなり。戦わずして人の兵をくっするは善の善なるものなり。
  • 凡 … 武経本では「夫」に作る。
故上兵伐謀、其次伐交、其次伐兵、其下攻城、攻城之法、爲不得已、修櫓轒轀、具器械、三月而後成、距又三月而後已、將不勝其忿、而蟻附之、殺士三分之一、而城不拔者、此攻之災也、故善用兵者、屈人之兵、而非戰也、拔人之城、而非攻也、毀人之國、而非久也、必以全爭於天下、故兵不頓、而利可全、此謀攻之法也、
ゆえに上兵じょうへいぼうつ。その次はこうつ。その次は兵をつ。そのは城をむ。城をむるの法はやむをざるがためなり。轒轀ふんおんを修め、器械きかいそなうること、三月みつきしてのちに成る。距闉きょいんまた三月みつきにしてのちにわる。しょうその忿いきどおりにえずしてこれに蟻附ぎふすれば、士を殺すこと三分の一にして、城のけざるは、これ攻のわざわいなり。ゆえに善く兵を用うる者は、人の兵をくっするも、戦うにあらざるなり。人の城をくも、攻むるにあらざるなり。人の国をやぶるも、久しきにあらざるなり。必ずまったきをもって天下に争う。ゆえに兵つかれずして利全くすべし。これ謀攻ぼうこうの法なり。
  • 闉 … 武経本では「堙」に作る。
  • 殺士 … 武経本では「殺士」に作る。
用兵之法、十則圍之、五則攻之、倍則分之、敵則能戰之、少則能逃之、不若則能避之、故小敵之堅、大敵之擒也、
ゆえに兵をもちうるの法は、十なればすなわちこれをかこみ、五なればすなわちこれをめ、ばいすればすなわちこれをかち、てきすれば、すなわちよくこれと戦い、すくなければすなわちよくこれをのがれ、かざればすなわちよくこれをく。ゆえに小敵のけんは大敵のきんなり。
  • 故 … 武経本にはこの字なし。
夫將者國之輔也、輔周則國必強、輔隙則國必弱、故君之所以患於軍者三、不知軍之不可以進、而謂之進、不知軍之不可以退、而謂之退、是謂縻軍、不知三軍之事、而同三軍之政、則軍士惑矣、不知三軍之權、而同三軍之任、則軍士疑矣、三軍既惑且疑、則諸侯之難至矣、是謂亂軍引勝、
それしょうは国のなり。輔しゅうなればすなわち国必ず強し。輔げきあればすなわち国必ず弱し。ゆえにきみの軍にうれうるゆえんのものには三あり。軍の進むべからざるを知らずして、これに進めとい、軍の退しりぞくべからざるを知らずして、これに退けと謂う。これを軍をすと謂う。三軍のことを知らずして三軍のせいを同じくすれば、すなわち軍士ぐんしまどう。三軍のけんを知らずして三軍のにんを同じくすれば、すなわち軍士うたがう。三軍すでにまどいかつ疑うときは、すなわち諸侯のなん至る。これを軍を乱してしょうを引くとう。
  • 者 … 武経本にはこの字なし。
故知勝有五、知可以戰、與不可以戰者勝、識衆寡之用者勝、上下同欲者勝、以虞待不虞者勝、將能而君不御者勝、此五者知勝之道也、故曰、知彼知己、百戰不殆、不知彼而知己、一勝一負、不知彼不知己、毎戰必
ゆえにしょうを知るに五あり。もって戦うべきともって戦うべからざるとを知る者は勝つ。衆寡しゅうかの用をる者は勝つ。上下じょうげの欲を同じくする者は勝つ。をもって不虞ふぐを待つ者は勝つ。しょうのうにしてきみぎょせざる者は勝つ。この五者ごしゃしょうを知るの道なり。ゆえに曰く、彼を知りておのれを知れば、百戦ひゃくせんしてあやうからず。彼を知らずしておのれを知れば、一勝いっしょう一負いっぷす。彼を知らずおのれを知らざれば、戦うごとに必ずあやうし。
  • 知可以戰、與不可以戰者勝 … 武経本では「知可以戰不可以戰者勝」に作る。
  • 者 … 武経本にはこの字なし。
  • 殆 … 武経本では「敗」に作る。
計篇 作戦篇
謀攻篇 形篇
勢篇 虚実篇
軍争篇 九変篇
行軍篇 地形篇
九地篇 火攻篇
用間篇