>   その他   >   孫子   >   謀攻篇

孫子 謀攻ぼうこう

01 孫子曰、凡用兵之法、全國爲上、破國次之。
そんいわく、およへいもちうるのほうは、くにまっとうするをじょうし、くにやぶるはこれぐ。
  • 謀攻篇 … 武経本では「謀攻第三」に作る。
  • 凡 … およそ。武経本では「夫」に作る。
  • 用兵之法 … 戦闘を行なう場合の原則。
  • 全国為上 … 敵の国土を保全したまま降服させるのが上策である。
  • 破国次之 … 敵の国土を破壊して勝つのは次善の策である。
全軍爲上、破軍次之。
ぐんまっとうするをじょうし、ぐんやぶるはこれぐ。
  • 全軍為上 … 敵の軍団を損傷させずに降服させるのが上策である。一軍は一万二千五百人。
  • 破軍次之 … 敵の軍団を撃破して勝つのは次善の策である。
全旅爲上、破旅次之。
りょまっとうするをじょうし、りょやぶるはこれぐ。
  • 全旅為上 … 敵の大隊を損傷させずに降服させるのが上策である。「旅」は五百人の部隊。
  • 破旅次之 … 敵の大隊を撃破して勝つのは次善の策である。
全卒爲上、破卒次之。
そつまっとうするをじょうし、そつやぶるはこれぐ。
  • 全卒為上 … 敵の中隊を損傷させずに降服させるのが上策である。「卒」は百人の部隊。
  • 破卒次之 … 敵の中隊を撃破して勝つのは次善の策である。
全伍爲上、破伍次之。
まっとうするをじょうし、やぶるはこれぐ。
  • 全伍為上 … 敵の小隊を損傷させずに降服させるのが上策である。「伍」は五人の部隊。
  • 破伍次之 … 敵の小隊を撃破して勝つのは次善の策である。
是故百戰百勝、非善之善者也。
ゆえひゃくせん百勝ひゃくしょうは、ぜんぜんなるものあらざるなり。
  • 是故 … したがって。
  • 百戦百勝 … 百回戦って百回勝つ。戦えば必ず勝つこと。
  • 非善之善者也 … 最善の策とは言えない。
不戰而屈人之兵、善之善者也。
たたかわずしてひとへいくっするは、ぜんぜんなるものなり。
  • 不戦而屈人之兵 … 戦わないで敵を降服させること。
  • 善之善者也 … 最善の策である。
02 故上兵伐謀。其次伐交。其次伐兵。其下攻城。
ゆえ上兵じょうへいぼうつ。つぎこうつ。つぎへいつ。しろむ。
  • 上兵伐謀 … 最高の戦い方は、敵の計略を未然に打ち破ることである。
  • 其次伐交 … その次は、敵国の同盟関係を分断して孤立させることである。
  • 其次伐兵 … その次は、敵国の軍隊と交戦することである。
  • 其下攻城 … 最もまずい方法は、敵の城を攻めることである。
攻城之法、爲不得已。
しろむるのほうは、むをざるがためなり。
  • 攻城之法、為不得已 … 敵の城を攻めるという方法は、やむを得ない場合に行なうものである。
修櫓轒轀、具器械、三月而後成。
轒轀ふんうんおさめ、かいそなうること、三月さんげつしてのちる。
  • 櫓 … おおだて。大形のたて。
  • 轒轀 … 城を攻めるのに用いる四輪車。轒轀車。
  • 器械 … 城攻めの道具。
  • 具 … 用意する。
  • 三月而後成 … 約三か月かかって、はじめて出来上がる。
距闉又三月而後已。
距闉きょいんまた三月さんげつにしてのちむ。
  • 距闉 … 偵察や攻撃のために、城壁の近くに土塁を築くこと。「闉」は、武経本では「堙」に作る。
  • 三月而後已 … 約三か月かかって、やっと終わる。
將不勝其忿、而蟻附之、殺士三分之一、而城不拔者、此攻之災也。
しょう忿いきどおりにえずして、これ蟻附ぎふせしめ、ころすこと三分さんぶんいちにして、しろけざるは、こうわざわいなり。
  • 不勝其忿 … 敵に対するいかりの感情を抑えきれず。「忿」は、怒り。
  • 蟻附之 … 兵士を蟻のように密集させて城壁をよじ登らせる。
  • 殺士三分之一 … 兵の三分の一を戦死させても。「殺士」は、武経本では「殺士卒」に作る。
  • 城不抜者、此攻之災也 … いまだ城が攻略できないという結果になるのは、これが城攻めにありがちな災難である。
故善用兵者、屈人之兵、而非戰也。
ゆえへいもちうるものは、ひとへいくっするも、たたかうにあらざるなり。
  • 善用兵者 … 戦争の上手な人。
  • 屈人之兵 … 敵の軍隊を屈服させる。
  • 非戦也 … 武力に訴えて成し遂げたものではない。
拔人之城、而非攻也。
ひとしろくも、むるにあらざるなり。
  • 抜人之城、而非攻也 … 敵の城を攻め落としても、決して城攻めによるのではない。
毀人之國、而非久也。
ひとくにやぶるも、ひさしきにあらざるなり。
  • 毀人之国、而非久也 … 敵国を滅ぼしても、決して長期戦には持ち込まない。
必以全爭於天下。
かならまったきをもってんあらそう。
  • 必以全争於天下 … 必ず敵国を損傷させないやり方で、天下の勝利を争うのである。
故兵不頓、而利可全。
ゆえへいつかれずして、まっとうすし。
  • 兵不頓、而利可全 … 自国の軍も疲弊することなく、完全な利益を獲得できるのである。「頓」は、ここでは疲弊する。
此謀攻之法也。
謀攻ぼうこうほうなり。
  • 此謀攻之法也 … これがはかりごとをもって敵を攻撃することの原則である。
03 故用兵之法、十則圍之、五則攻之、倍則分之、敵則能戰之、少則能逃之、不若則能避之。
ゆえへいもちうるのほうは、じゅうなればすなわこれかこみ、なればすなわこれめ、ばいなればすなわこれかち、てきすればすなわこれたたかい、すくなければすなわこれのがれ、かざればすなわこれく。
  • 故 … 武経本にはこの字なし。
  • 用兵之法 … 戦闘を行なう場合の原則。
  • 十則囲之 … 味方の兵力が敵の十倍であれば、敵を包囲する。
  • 五則攻之 … 五倍であれば、敵を攻撃する。
  • 倍則分之 … 二倍であれば、敵を分断して攻撃する。
  • 敵則能戦之 … 敵と対等の兵力ならば、対戦することができる。「敵」は、ここでは等しいの意。
  • 少則能逃之 … 味方の兵力が敵より少なければ、退却する態勢を作っておく。
  • 不若則能避之 … まったく兵力が及ばないときは、敵を回避して戦わない。
故小敵之堅、大敵之擒也。
ゆえしょうてきけんは、大敵たいてきとりこなり。
  • 小敵之堅、大敵之擒也 … 少数の兵で頑固に戦いを挑めば、敵の大部隊の捕虜になるばかりである。「敵」は、ここでは敵味方双方から見た言い方。
04 夫將者國之輔也。
しょうくになり。
  • 夫 … 「それ」と読み、「そもそも」「さて」と訳す。文頭に置かれ、話題の転換の意を示す。
  • 将者国之輔也 … 将軍というのは、国家の補佐役である。「輔」は補佐役。
輔周則國必強、輔隙則國必弱。
しゅうなればすなわくにかならつよし。げきあればすなわくにかならよわし。
  • 周 … 君主と親密ならば。密接であれば。
  • 隙 … 君主と隙間があれば。親密さを欠けば。
故君之所以患於軍者三。
ゆえきみぐんうれうる所以ゆえんものにはさんあり。
  • 君之所以患於軍者三 … 君主の介入によって、憂うべき問題が起きる原因が三つある。
不知軍之不可以進、而謂之進、不知軍之不可以退、而謂之退。
ぐんもっすすからざるをらずして、これすすめとい、ぐんもっ退しりぞからざるをらずして、これ退しりぞけとう。
  • 不知軍之不可以進~而謂之退 … 第一は、君主が軍の進むべき時でないのを知らずに進撃を命じ、退くべき時でないのを知らずに退却を命じる場合である。
是謂縻軍。
これぐんすとう。
  • 縻軍 … 軍の行動を束縛する。「縻」は、しばる。つなぎ止める。
不知三軍之事、而同三軍之政者、則軍士惑矣。
三軍さんぐんことらずして、三軍さんぐんせいおなじくすれば、すなわぐんまどう。
  • 不知三軍之事~則軍士惑矣 … 第二は、君主が軍内部の実情を知らずに、将軍と同等に軍政に介入しようとすれば、兵士たちはどちらの命令に従えばよいか迷ってしまう。
  • 三軍 … 一国の軍隊。全軍。一軍は一万二千五百人。三軍は三万七千五百人。
  • 者 … 武経本にはこの字なし。
  • 軍士 … 兵卒より上の兵士。下級の指揮者。
不知三軍之權、而同三軍之任、則軍士疑矣。
三軍さんぐんけんらずして三軍さんぐんにんおなじくすれば、すなわぐんうたがう。
  • 不知三軍之権~則軍士疑矣 … 第三は、君主が軍隊の臨機応変の処置を知らずに、将軍と同等に軍隊の指揮を取ろうとすれば、兵士たちはどちらの指揮に従えばよいか疑い、不信感を持ってしまう。
  • 権 … はかる。臨機応変の処置をすること。
三軍既惑且疑、則諸侯之難至矣。
三軍さんぐんすでまどうたがわば、すなわ諸侯しょこうなんいたる。
  • 三軍既惑且疑 … 軍隊が判断に迷い、命令を疑うようになれば。
  • 則諸侯之難至矣 … 外国の諸侯たちが攻め込んでくるという災難が生じる。
是謂亂軍引勝。
これぐんみだしてかちくとう。
  • 是謂乱軍引勝 … これを軍隊の統率を混乱させて、自ら勝利を取り去ると言う。
  • 勝 … 勝利。
  • 引勝 … 引き去る。退ける。失う。
05 故知勝有五。
ゆえかちるにり。
  • 知勝有五 … あらかじめ勝利を知るのに五つの方法がある。
知可以戰、與不可以戰者勝。
もったたかきと、もったたかからざるとをものつ。
  • 知可以戰、與不可以戰者勝 … 第一に、戦うべき時と、戦うべきでない時とを判断できる者は勝つ。武経本では「知可以與戰不可以與戰者勝」に作る。
識衆寡之用者勝。
しゅうようものつ。
  • 識衆寡之用者勝 … 第二に、兵力が多人数と少人数のそれぞれの使い方を知っている者は勝つ。
  • 衆寡 … 多人数と小人数。
上下同欲者勝。
しょうよくおなじくするものつ。
  • 上下同欲者勝 … 第三に、上の者と下の者が、目的を同じにしているならば勝つ。
  • 上下 … 上の人と下の人。支配者と被支配者。君主と人民。
以虞待不虞者勝。
もっ不虞ふぐものつ。
  • 以虞待不虞者勝 … 第四に、こちらは前もって万全の備えをし、まったく備えのない敵がやって来るのを待つならば勝つ。
將能而君不御者勝。
しょうのうにしてきみぎょせざるものつ。
  • 将能而君不御者勝 … 第五に、将軍が有能で、君主が干渉しなければ勝つ。
此五者知勝之道也。
こくしゃかちるのみちなり。
  • 此五者知勝之道也 … これら五つのことがあらかじめ勝利を知る方法である。
06 故曰、知彼知己者、百戰不殆。
ゆえいわく、かれおのれれば、ひゃくせんあやうからず。
  • 故曰 … したがって、次のように言うのである。
  • 知彼知己者 … 敵国の実情を知り、また自国の実情もよく知っていれば。
  • 百戦不殆 … 百回戦っても危ないことはない。
  • 者 … 武経本にはこの字なし。
  • 殆 … 危ない。危険である。ここでは、戦いに負けること。
不知彼而知己、一勝一負。
かれらずしておのれれば、いっしょういっす。
  • 不知彼而知己 … 敵国の実情を知らず、自国の実情のみをよく知っていれば。
  • 一勝一負 … 勝ったり負けたりする。
不知彼不知己、毎戰必殆。
かれらずおのれらざれば、たたかごとかならあやうし。
  • 不知彼不知己 … 敵国の実情を知らず、自国の実情も知らなければ。
  • 毎戦必殆 … 戦うたびに必ず危なくなる。
  • 殆 … 武経本では「敗」に作る。
計篇 作戦篇
謀攻篇 形篇
勢篇 虚実篇
軍争篇 九変篇
行軍篇 地形篇
九地篇 火攻篇
用間篇