>   故事成語   >   は行   >   兵は詭道なり

兵は詭道なり

へいどうなり
  • 出典:『孫子』計篇
  • 解釈:戦いとは、敵をあざむくような行為、正常な方法に反したやり方、しょせんは騙し合いである。「詭」は、不正。欺くこと。
  • 孫子 … 兵法書。十三編。春秋時代末期のそん著。成立年代は不詳。各編は(始)計・作戦・謀攻・(軍)形・(兵)勢・虚実・軍争・九変・行軍・地形・九地・火攻・用間からなる。兵法書の中では最も著名であり、我が国でも林羅山・荻生徂徠・新井白石・佐藤一斎・吉田松陰らによる注釈書がある。けい七書しちしょの一つ。ウィキペディア【孫子 (書物)】参照。
兵者詭道也
へいどうなり。
  • 兵 … 戦争。
  • 詭道 … 敵をあざむくような行為。正常な方法に反したやり方。
故能而示之不能、用而示之不用、近而示之遠、遠而示之近、利而誘之、亂而取之、實而備之、強而避之、怒而撓之、卑而驕之、佚而勞之、親而離之。
ゆえのうなるもこれのうしめし、ようなるもこれようしめし、ちかくともこれとおきをしめし、とおくともこれちかきをしめし、にしてこれさそい、らんにしてこれり、じつにしてこれそなえ、きょうにしてこれけ、にしてこれみだし、にしてこれおごらせ、いつにしてこれろうし、しんにしてこれはなす。
  • 能而示之不能 … 自分に能力があっても、敵には能力がないように見せかける。できるのにできないふりをする。
  • 用而示之不用 … ある作戦を用いているのに、敵にはそれを用いないように見せかける。
  • 近而示之遠 … 自分の軍が近くにいても、遠くにいるように見せかける。
  • 遠而示之近 … 自分の軍が遠くにいても、近くにいるように見せかける。
  • 利而誘之 … 敵に有利と見せかけて誘い出す。敵に利益を見せて誘い出す。
  • 乱而取之 … 敵を混乱させて敵から奪い取る。
  • 実而備之 … 自分の軍が充実しているのに、わざと充実していないように見せて敵に備える。
  • 強而避之 … 自分の軍が強いのに、わざと敵の攻撃を避ける。
  • 怒而撓之 … 自分の軍がわざと怒りを示して、敵をかき乱す。
  • 卑而驕之 … 自分の軍がわざとへりくだって、敵を驕り高ぶらせる。
  • 佚而労之 … 自分の軍がわざと安逸な状態にいるように見せて、敵を疲労させる。「佚」は、安佚。
  • 親而離之 … 敵国にくみする他国と親しくして、敵国と他国とを離間させる。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ