>   故事成語   >   は行   >   風林火山

風林火山

風林ふうりん火山かざん
  • 出典:『孫子』軍争篇
  • 解釈:武田信玄の軍旗に書かれた「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」の略。また、その軍旗の通称。
  • 孫子 … 兵法書。十三編。春秋時代末期のそん著。成立年代は不詳。各編は(始)計・作戦・謀攻・(軍)形・(兵)勢・虚実・軍争・九変・行軍・地形・九地・火攻・用間からなる。兵法書の中では最も著名であり、我が国でも林羅山・荻生徂徠・新井白石・佐藤一斎・吉田松陰らによる注釈書がある。けい七書しちしょの一つ。ウィキペディア【孫子 (書物)】参照。
故其疾如、其徐如、侵掠如、不動如、難知如陰、動如雷震、掠郷分衆、廓地分利、懸權而動。
ゆえはやきことかぜごとく、しずかなることはやしごとく、しんりゃくすることごとく、うごかざることやまごとく、がたきこといんごとく、うごくこと雷震らいしんごとく、きょうかすめてしゅうかち、ひろめてかち、けんけてうごく。
  • 其疾如風 … 行動の速いことは、風のようである。
  • 其徐如林 … 静まり返って待機するのは、林のようである。
  • 侵掠如火 … 敵地を襲撃するときは、火の燃え広がるときのようである。
  • 不動如山 … 時に動かないでいるときは、山のようにどっしりしている。
  • 難知如陰 … 軍の態勢の知りにくいのは、暗闇の中のようである。
  • 動如雷震 … 行動を起こすときは、雷が物を震わせるようである。
  • 掠郷分衆 … 村里で物資を奪い取るときは、兵士を分散させる。
  • 廓地分利 … 土地を奪って広げるときは、そこから生じる利益を兵士に分け与える。
  • 懸権而動 … 物事の軽重を考え、適切に行動する。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ