>   故事成語   >   は行   >   風林火山

風林火山

風林ふうりん火山かざん
  • 〔出典〕 『孫子』軍争
  • 解釈:武田信玄の軍旗に書かれた「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」の略。また、その軍旗の通称。
故兵以詐立、以利動、以分合爲變者也、故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山、難知如陰、動如雷震、掠郷分衆、廓地分利、懸權而動、先知迂直之計者勝、此軍爭之法也、
ゆえへいもっち、もっうごき、分合ぶんごうもっへんものなり。ゆえはやきことかぜごとく、しずかなることはやしごとく、侵掠しんりゃくすることごとく、うごかざることやまごとく、がたきこといんごとく、うごくこと雷震らいしんごとし。きょうかすめてしゅうわかち、ひろめてわかち、けんけてうごく。迂直うちょくけいものつ。軍争ぐんそうほうなり。
  • 詐 … 敵を欺くこと。
  • 分合 … 分けることと合わせること。
  • 其 … 軍を指す。
  • 徐か … ゆるやかとも読む。
  • 侵掠 … 他国に攻め入って領土などを奪い取ること。
  • 陰 … 暗闇。
  • 雷震 … 雷が鳴り響いてあたりを震わせること。
  • 掠め … 奪い取る。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ