>   その他   >   孫子   >   計篇

孫子 計篇

孫子曰、兵者國之大事、死生之地、存亡之道、不可不察也、故經之以五事、校之以計、而索其情、
孫子曰く、兵とは国の大事だいじなり、死生しせいの地、存亡そんぼうの道、察せざるべからざるなり。ゆえにこれをはかるに五事ごじをもってし、これをくらぶるにけいをもってして、その情をもとむ。
一曰道、二曰天、三曰地、四曰將、五曰法、
一に曰くみち、二に曰くてん、三に曰く、四に曰くしょう、五に曰くほうなり。
道者令民與上同意也、故可以與之死、可與之生、而不畏危、天者陰陽寒暑時制也、地者遠近險易廣狹死生也、將者智信仁勇嚴也、法者曲制官道主用也、凡此五者、將莫不聞、知之者勝、不知者不勝、故校之以計、而索其情、曰主孰有道、將孰有能、天地孰得、法令孰行、兵衆孰、士卒孰練、賞罰孰明、吾以此知勝負矣、
道とは、民をしてかみを同じくし、これと死すべくこれと生くべくして、あやうきをおそれざるなり。天とは、陰陽いんよう寒暑かんしょ時制じせいなり。地とは遠近えんきん険易けんい広狭こうきょう死生しせいなり。しょうとは、智・信・仁・勇・厳なり。法とは、曲制きょくせい官道かんどう主用しゅようなり。およそこの五者は、しょうは聞かざることなきも、これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。ゆえにこれをくらぶるに計をもってして、その情をもとむ。曰く、主いずれか有道なる、将いずれか有能なる、天地いずれか得たる、法令ほうれいいずれか行なわる、兵衆へいしゅういずれか強き、士卒しそついずれかならいたる、賞罰しょうばついずれか明らかなると。われこれをもって勝負をる。
  • 也、故 … 武経本にはこの二字なし。
  • 以 … 武経本にはこの字なし。
  • 而不畏危 … 武経本では「而不畏危」に作る。
  • 強 … 武経本では「彊」に作る。
將聽吾計、用之必勝、留之、將不聽吾計、用之必敗、去之、計利以聽、乃爲之勢、以佐其外、勢者因利而制權也、
しょうわがけいを聴くときは、これをもちうれば必ず勝つ、これをとどめん。しょうわがけいを聴かざるときは、これを用うれば必ずやぶる、これを去らん。けい、利としてもって聴かるれば、すなわちこれがせいをなして、もってそのそとたすく。せいとは利によりてけんせいするなり。
兵者詭道也、故能而示之不能、用而示之不用、近而示之遠、遠而示之近、利而誘之、亂而取之、實而備之、而避之、怒而撓之、卑而驕之、佚而勞之、親而離之、攻其無備、出其不意、此兵家之、不可先傳也、
兵とは詭道きどうなり。ゆえにのうなるもこれに不能を示し、ようなるもこれに不用を示し、近くともこれに遠きを示し、遠くともこれに近きを示し、にしてこれを誘い、らんにしてこれを取り、じつにしてこれに備え、きょうにしてこれを避け、にしてこれをみだし、にしてこれをおごらせ、いつにしてこれを労し、しんにしてこれを離す。その無備むびを攻め、その不意にず。これ兵家のせいさきには伝うべからざるなり。
  • 強 … 武経本では「彊」に作る。
  • 勢 … 原文では「強」に作るが、武内義雄の説に従い改めた(『武内義雄全集 第七巻』200頁および317頁以下参照)。
夫未戰而廟筭勝者、得筭多也。未戰而廟筭不勝者、得筭少也。多筭勝、少筭不勝、而況於無筭乎。吾以此觀之、勝負見矣。
それいまだ戦わずして廟算びょうさんして勝つ者は、さんを得ること多ければなり。いまだ戦わずして廟算びょうさんして勝たざる者は、さんを得ること少なければなり。さん多きは勝ち、さん少なきは勝たず。しかるをいわんやさんなきにおいてをや。われこれをもってこれをるに、勝負あらわる。
計篇 作戦篇
謀攻篇 形篇
勢篇 虚実篇
軍争篇 九変篇
行軍篇 地形篇
九地篇 火攻篇
用間篇