>   その他   >   孝経   >   事君章第十七

くん章第十七

〔事君章第二十一〕(古文)
子曰、君子之事上也、進思盡忠、退思補過。
わく、くんかみつかうるや、すすんではちゅうくさんことをおもい、退しりぞきてはあやまちをおぎなわんことをおもう。
  • この章は、「開宗明義章第一」にある「事君」という言葉について詳しく述べ、君主に仕える者の心得を説いている。
  • 事君 … きみつかうる。君主に仕える。
  • 古文では「事君章第二十一」に作る。
  • 君子之事上也 … 君子が君主に仕えるに当たっては。
  • 進思尽忠 … 進んで君主の前に出るときは、君主に忠誠を尽くそうと思う。
  • 退思補過 … 君主の前から退出したときは、君主の過失をかばい補おうと思う。
將順其美、匡救其惡。
将順しょうじゅんし、あく匡救きょうきゅうす。
  • 将順其美 … 君主に美点があれば、これに従って行うようにする。「其」は、君主を指す。「美」は、美点。長所。
  • 将順 … 従って行う。その通りにする。
  • 匡救其悪 … 君主に欠点があれば、これを正してめさせる。「其」は、君主を指す。「悪」は、欠点。短所。
  • 匡救 … 悪いところを正し、危険な状態から救う。
故上下能相親也。
ゆえしょうあいしたしむなり。
  • 上下 … 君主と臣下。
  • 能相親也 … 互いに親しみが湧いてくる。
詩云、心乎愛矣、遐不謂矣。中心藏之、何日忘之。
う、こころあいせば、なんげざらん。ちゅうしんこれぞうせば、いづれのこれわすれん、と。
  • 詩 … 『詩経』小雅・しゅうそう篇の一節。「隰桑」は、低湿の地に生えている桑の木。ウィキソース「詩經/隰桑」参照。
  • 心乎愛矣 … 君主を心から愛する気持ちがあれば。
  • 遐不謂矣 … どうして告げずにおられようか、必ず告げてめさせる。
  • 遐 … 「なんぞ」と読む。疑問を表す。また、『御注』には「遐は遠なり」(遐遠也)とあり、「遠い」と解釈している。
  • 謂 … ここでは「つげる」と読む。告げる。
  • 中心蔵之 … 心の中に君主を愛する気持ちをいだいているならば。
  • 中心 … 心の中。「しんちゅう」と同じ。古文では「忠心」に作る。
  • 蔵 … 隠す。しまい込む。古文では「臧」に作る。
  • 何日忘之 … いつになっても君主のことを忘れることなどあろうか。
  • 何日 … 「いづれのか」と読み、「いつになっても」と訳す。
今文孝経
開宗明義章第一 天子章第二
諸侯章第三 卿大夫章第四
士章第五 庶人章第六
三才章第七 孝治章第八
聖治章第九 紀孝行章第十
五刑章第十一 広要道章第十二
広至徳章第十三 広揚名章第十四
諫争章第十五 応感章第十六
事君章第十七 喪親章第十八
閨門章第十九(古文のみ)