>   その他   >   孝経   >   應感章第十六

孝経 應感おうかん章第十六

子曰、昔者、明王事父孝、故事天明。
わく、昔者むかし、明王父につかえて孝、ゆえに天につかえて明なり。
  • 古文では「應感章 第十七」に作る。
事母孝、故事地察。
母につかえて孝、ゆえに地につかえてさつなり。
  • 察 … 明らか。
長幼順。故上下治。
ちょうようじゅんなり、ゆえしょう治まる。
天地明察、神明彰矣。
天地明察なれば神明あらわる。
  • 神明 … 古文では「鬼神」に作る。
  • 彰 … 古文では「章」に作る。
故雖天子、必有尊也。言有父也、必有先也。言有兄也。
故に天子と雖も必ずそん有るなり。父有るを言うなり。必ずせん有るなり。兄有るを言うなり。
  • 古文では「言有兄」のあとに「必有長」の三字があるが、衍字と思われる。
宗廟致敬、不忘親也。
そうびょうに敬を致せば親を忘れざるなり。
脩身愼行、恐辱先也。
身を修め行いを慎むは、先をはずかしめんことを恐るるなり。
宗廟致敬、鬼神著矣。
宗廟に敬を致せば鬼神あらわる。
孝悌之至、通於神明、光于四海、無所不通。
孝悌の至りは神明に通じ、四海にち、通ぜざるところなし。
  • 悌 … 古文では「弟」に作る。
  • 于 … 古文では「於」に作る。
  • 無 … 古文では「亡」に作る。
  • 通 … 古文では「曁」に作る。
詩云、自西自東、自南自北、無思不服。
詩に云く、「西より東より、南より北より、思うて服せざるなし」と。
  • 詩 … 『詩経』大雅・文王有聲の章。
  • 自西自東 … 古文では「自東自西」に作る。
  • 無 … 古文では「亡」に作る。
開宗明義章第一 天子章第二
諸侯章第三 卿大夫章第四
士章第五 庶人章第六
三才章第七 孝治章第八
聖治章第九 紀孝行章第十
五刑章第十一 廣要道章第十二
廣至徳章第十三 廣揚名章第十四
諫爭章第十五 應感章第十六
事君章第十七 喪親章第十八
閨門章第十九(古文のみ)