>   その他   >   孝経   >   卿大夫章第四

けいたい章第四

〔卿大夫章第四〕(古文)
非先王之法服、不敢服。
先王せんおう法服ほうふくあらざれば、あえふくせず。
  • この章は、卿大夫の孝道について述べている。
  • 卿大夫 … 「卿」は大臣。朝廷に仕える高官。諸侯に次いで高い位。「大夫」は卿の下の位。
  • 古文も章名は同じ。
  • 非先王 … 古文では「子曰、非先王」に作る。
  • 先王 … 昔の優れた王。聖王。
  • 非先王之法服 … 先王が定められた礼法にかなった衣服でなければ。
  • 不敢服 … 決して身にまとわない。決して身に着けない。「不」は、古文では「弗」に作る。
  • 敢 … 決して。断じて。
非先王之法言、不敢道。
先王せんおう法言ほうげんあらざれば、あえわず。
  • 非先王之法言 … 先王が定められた礼法にかなった言葉でなければ。
  • 不敢道 … 決して言わない。「不」は、古文では「弗」に作る。
  • 道 … 「いう」と読む。言う。述べる。俗語。
非先王之徳行、不敢行。
先王せんおう徳行とっこうあらざれば、あえおこなわず。
  • 非先王之徳行 … 先王が定められた道徳にかなった正しい行いでなければ。
  • 徳行 … 道徳にかなった正しい行い。
  • 不敢行 … 決して行わない。「不」は、古文では「弗」に作る。
是故非法不言、非道不行。
ゆえほうあらざればわず、みちあらざればおこなわず。
  • 是故 … このようなわけで。
  • 非法不言 … 礼法にかなっていなければ、何も言わない。「不」は、古文では「弗」に作る。
  • 非道不行 … 道徳にかなっていなければ、何も行わない。「不」は、古文では「弗」に作る。
口無擇言、身無擇行。
くち択言たくげんく、択行たっこうし。
  • 口無択言 … 言うべき言葉を選ばなければならないということがない。「口」は、言うこと。しゃべること。
  • 択言 … 言葉を選ぶこと。
  • 身無択行 … 行動においても、善と悪とを選択しなければならないということがない。「身」は、身の振る舞い。行動。
  • 択行 … 善と悪とをり分ける行い。
言滿天下無口過、行滿天下無怨惡。
ことばてんつれどもこうく、おこない、てんつれどもえんし。
  • 言 … その言葉。
  • 満天下無口過 … 天下いたるところに満ち広がっても、口に失言がない。「無」は、古文では「亡」に作る。
  • 口過 … 言うべきでないことを言うこと。失言。
  • 行 … その行い。
  • 満天下無怨悪 … 天下いたるところに満ち広がっても、恨み憎まれることがない。「無」は、古文では「亡」に作る。
  • 怨悪 … 恨み憎む。
三者備矣、然後、能守其宗廟。
みっつのものそなわり、しかのちそうびょうまもる。
  • 三者 … 先王が定められた法服・法言・徳行の三つを指す。
  • 備 … 完全に備わる。完備される。
  • 然後 … 「しかるのち」と読み、「そうしてはじめて」と訳す。
  • 然後能 … 古文では、この後に「保其祿位而」の五文字がある。これは「ろくたもって」と読み、「お上から頂いた俸禄・地位を無事に保って」と訳す。
  • 能守其宗廟 … 祖先の霊を祀ったみたまやを末永く守り続けることができる。
  • 宗廟 … 祖先の霊を祀った建物。みたまや
蓋卿大夫之孝也。
けだけいたいこうなり。
  • 蓋 … 「けだし」と読み、「それがまあ」「たぶん」「思うに」「考えてみるのに」と訳す。
  • 卿大夫之孝也 … 卿・大夫たる者の孝行というものである。
詩云、夙夜匪懈、以事一人。
う、しゅくおこたらず、もっ一人いちにんつかう、と。
  • 詩 … 『詩経』大雅・じょうみん篇の一節。ウィキソース「詩經/烝民」参照。
  • 夙夜 … 朝早くから夜遅くまで。「夙」は、朝早く。早朝。
  • 匪懈 … 怠らず。怠ることなく。
  • 懈 … 怠る。怠惰。
  • 匪 … 「~ず」「あらず」と読み、「~でない」と訳す。「非」と同義。
  • 以事一人 … かくて天子一人にお仕えする。「一人」は、天子を指す。
今文孝経
開宗明義章第一 天子章第二
諸侯章第三 卿大夫章第四
士章第五 庶人章第六
三才章第七 孝治章第八
聖治章第九 紀孝行章第十
五刑章第十一 広要道章第十二
広至徳章第十三 広揚名章第十四
諫争章第十五 応感章第十六
事君章第十七 喪親章第十八
閨門章第十九(古文のみ)