>   その他   >   孝経   >   廣至徳章第十三

孝経 こうとく章第十三

子曰、君子之教以孝也、非家至而日見之也。
わく、君子の教うるに孝をもってするや、家ごとに至って日ごとにこれを見るにあらざるなり。
  • 古文では「廣至徳章 第十六」に作る。
  • 也 … 古文にはこの字なし。
教以孝所以敬天下之爲人父者也。
教うるに孝をもってするは、天下の人の父たる者を敬するゆえんなり。
教以悌所以敬天下之爲人兄者也。
教うるにていをもってするは、天下の人のあにたる者を敬するゆえんなり。
  • 悌 … 古文では「弟」に作る。
教以臣、所以敬天下之爲人君者也。
教うるに臣をもってするは、天下の人のきみたる者を敬するゆえんなり。
詩云、愷悌君子、民之父母。
詩に云く、「愷悌がいていの君子はたみの父母なり」と。
  • 詩 … 『詩経』大雅・泂酌けいしゃくの章。
  • 愷悌 … やわらぎ楽しむこと。
非至徳、其孰能順民如此其大者乎。
とくにあらざれば、それたれかよく民にじゅんにすること、かくのごとくそれ大なる者あらんや。
  • 順 … 古文では「訓」に作る。
開宗明義章第一 天子章第二
諸侯章第三 卿大夫章第四
士章第五 庶人章第六
三才章第七 孝治章第八
聖治章第九 紀孝行章第十
五刑章第十一 廣要道章第十二
廣至徳章第十三 廣揚名章第十四
諫爭章第十五 應感章第十六
事君章第十七 喪親章第十八
閨門章第十九(古文のみ)