>   その他   >   孝経   >   五刑章第十一

けい章第十一

〔五刑章第十四〕(古文)
子曰、五刑之屬三千、而罪莫大於不孝。
わく、けいぞく三千さんぜんつみこうよりだいなるはし。
  • この章は、刑罰の中でも不孝の罪ほど大きいものはなく、それが及ぼす影響について説いている。
  • 五刑 … ぼく(入れ墨の刑)・(鼻切りの刑)・(足切りの刑)・きゅう(去勢の刑)・大辟たいへき(死刑)の五種類の肉刑(身体の一部を傷つける刑罰)。ウィキペディア【五刑】参照。
  • 古文では「五刑章第十四」に作る。
  • 属三千 … 五刑を細かく分けると、三千項目に分かれている。「属」は、種類。『書経』周書・呂刑りょけい篇に「ぼくばつぞく千、ばつぞく千、ばつぞく五百、きゅうばつぞく三百、大辟たいへきばつぞく二百、けいぞく三千」(墨罰之屬千、劓罰之屬千、剕罰之屬五百、宮罰之屬三百、大辟之罰其屬二百、五刑之屬三千)とある。ウィキソース「尚書/呂刑」参照。
  • 罪莫大於不孝 … その中で罪として不孝の罪ほど大きいものはない。
  • 不孝 … 子として親に十分に仕えないこと。親不孝。
  • 罪 … 古文では「つみ」に作る。
要君者無上、非聖人者無法、非孝者無親。
きみようするものかみなみし、聖人せいじんそしものほうなみし、こうそしものおやなみす。
  • 要君者無上 … 君主に強要して自分の意志に従わせようとする者は、上を上とも思わぬ者である。「無」は、古文では「亡」に作る。
  • 無 … 「なみする」と読む。ないがしろにする。無視する。
  • 非聖人者無法 … 聖人を非難する者は、聖人が定めた礼法をないがしろにする者である。「無」は、古文では「亡」に作る。
  • 非孝者無親 … 孝道を非難する者は、親を無視する者である。「無」は、古文では「亡」に作る。
此大亂之道也。
大乱たいらんみちなり。
  • 此大乱之道也 … これがやがて大乱を招き寄せる原因となるのである。
今文孝経
開宗明義章第一 天子章第二
諸侯章第三 卿大夫章第四
士章第五 庶人章第六
三才章第七 孝治章第八
聖治章第九 紀孝行章第十
五刑章第十一 広要道章第十二
広至徳章第十三 広揚名章第十四
諫争章第十五 応感章第十六
事君章第十七 喪親章第十八
閨門章第十九(古文のみ)