>   その他   >   孝経   >   三才章第七

孝経 三才さんさい章第七

曾子曰、甚哉、孝之大也。
曽子そうしわく、はなはだしいかな、こうだいなるや。
  • 古文では「三才章 第八」に作る。三才とは天・地・人のこと。
子曰、夫孝天之經也。地之義也。民之行也。
わく、れ孝は天のけいなり、地の義なり、民の行いなり。
  • 経 … 不変の法則。
  • 義 … 秩序の原型。古文では「誼」に作る。
天地之經、而民是則之。
天地の経にして、民ここにこれにのっとる。
則天之明、因地之利。以順天下。
天の明にのっとり、地の利にり、もって天下をじゅんにす。
  • 順 … 古文では「訓」に作る。
是以其教不肅而成、其政不嚴而治。
ここをもってそのおししゅくならずして成り、そのまつりごとげんならずして治まる。
先王見教之可以化民也。是故先之以博愛、而民莫遺其親。
先王、教えのもって民をすべきを見るなり。この故にこれに先んずるに博愛をもってして、民その親をわするることなし。
陳之以徳義、而民興行。
これにぶるに徳義をもってして、民興行こうこうす。
  • 義 … 古文では「誼」に作る。
  • 興行 … 奮起して行いに努めること。
先之以敬讓、而民不爭。
これに先んずるに敬譲けいじょうをもってして、民争わず。
  • 敬譲 … 恭敬謙譲。
導之以禮樂、而民和睦。
これを導くに礼楽れいがくをもってして、民和睦わぼくす。
示之以好惡、而民知禁。
これに示すに好悪こうおをもってして、民禁を知る。
  • 禁 … 禁令。
詩云、赫赫師尹、民具爾瞻。
詩に云く、「赫赫かくかくたる師尹しいん。民ともになんじる」と。
  • 詩 … 『詩経』小雅・節南山の章。
  • 赫赫 … 光り輝くさま。
  • 師尹 … 太師の尹氏。
  • 瞻る … 仰ぎ見ること。
開宗明義章第一 天子章第二
諸侯章第三 卿大夫章第四
士章第五 庶人章第六
三才章第七 孝治章第八
聖治章第九 紀孝行章第十
五刑章第十一 廣要道章第十二
廣至徳章第十三 廣揚名章第十四
諫爭章第十五 應感章第十六
事君章第十七 喪親章第十八
閨門章第十九(古文のみ)