>   その他   >   孝経   >   聖治章第九

孝経 聖治せいち章第九

曾子曰、敢問、聖人之徳、無以加於孝乎。
曽子わく、あえて問う、聖人の徳もって孝に加うることなきかと。
  • 古文では「聖治章 第十」に作る。
  • 無 … 古文では「亡」に作る。
子曰、天地之性、人為貴。
わく、天地の性、人をたっとしとなす。
人之行、莫大於孝。
人の行いは、孝より大なるはなし。
孝莫大於嚴父。
孝は、父をげんにするより大なるはなし。
嚴父莫大於配天。
父を厳にするは天に配するより大なるはなし。
則周公其人也。
すなわちしゅうこうはその人なり。
昔者、周公郊祀后稷以配天、宗祀文王於明堂以配上帝。
昔者むかし、周公は后稷こうしょく郊祀こうししてもって天に配し、文王ぶんのう明堂めいどう宗祀そうししてもって上帝に配す。
  • 周公 … 文王の子。姓は、名はたん。兄の武王を助けて紂王を討った。武王の死後は、その子成王を補佐して周王朝の基礎を固めた。ウィキペディア【周公旦】参照。
  • 后稷 … 周王朝の始祖とされる伝説上の人物。姓は、名は。ウィキペディア【后稷】参照。
  • 郊祀 … 天子が郊外に壇を築いて天地をまつる儀式。ウィキペディア【郊祀】参照。
  • 文王 … 周王朝の始祖。姓は、名は昌。武王の父。ウィキペディア【文王 (周)】参照。
  • 明堂 … 天子や王者が政治を行う宮殿。政堂。朝廷。
  • 宗祀 … 最も大切なものとしてまつること。
  • 上帝 … 天上にあって、万物を支配する神。天帝。
是以四海之内、各以其職來祭。
ここをもって四海のうち、おのおのその職をもって来り祭る。
  • 四海 … 天下。世の中。また、世界。
夫聖人之徳、又何以加於孝乎。
それ聖人の徳、また何をもってか孝に加えんや。
故親生之膝下、以養父母日嚴。
ゆえにおやこれを膝下しっかに生じ、もって父母を養い、ひびげんにす。
  • 故親生之膝下、以養父母日嚴 … 古文では「是故親生毓之、以養父母曰嚴」に作る。
聖人因嚴以教敬、因親以教愛。
聖人厳にりてもって敬を教え、親にりてもって愛を教う。
聖人之教不肅而成、其政不嚴而治。
聖人の教えはしゅくならずして成り、そのまつりごとは厳ならずして治まる。
其所因者本也。
そのるところのものは本なり。
父子之道天性也。君臣之義也。
父子の道は天性てんせいなり。君臣の義なり。
  • 「父子之道」以下、古文では「父母生績章 第十一」に作る。
  • 古文では「父子之道」に前に「子曰」の二字あり。
  • 義 … 古文では「誼」に作る。
  • 也 … 古文ではこの字なし。
父母生之、續莫大焉。
父母これを生む。つづくこと、これより大なるはなし。
  • 續 … 古文では「績」に作る。
君親臨之、厚莫重焉。
君親くんしんとしてこれに臨む。あつきことこれより重きはなし。
故不愛其親、而愛他人者、謂之悖徳。
ゆえにその親を愛せずして他人を愛する者、これを悖徳はいとくと謂う。
  • 故 … 古文ではこの字なし。
  • 「不愛其親」以下、古文では「孝優劣章 第十二」に作る。
  • 古文では「不愛其親」に前に「子曰」の二字あり。
不敬其親而敬他人者、謂之悖禮。
その親を敬せずして他人を敬する者、これを悖禮はいれいと謂う。
以順則、逆民無則焉。
順をもってすればのっとり、逆なれば民のっとることなし。
  • 順 … 古文では「訓」に作る。
  • 逆 … 古文では「昏」に作る。
  • 無 … 古文では「亡」に作る。
不在於善、而皆在於凶徳。
善にあらずして、みな凶徳にあり。
  • 在 … 古文では「宅」に作る。
雖得之、君子不貴也。
これをといえども、君子はたっとばざるなり。
  • 之 … 古文では「志」に作る。
  • 不貴 … 古文では「弗從」に作る。
君子則不然。
君子はすなわちしからず。
言思可道、行思可樂。
げんうべきを思い、こうは楽しむべきを思う。
徳義可尊、作事可法、容止可觀、進退可度。
徳義たっとぶべく、作事のっとるべく、容止ようし観るべく、進退とすべし。
  • 義 … 古文では「誼」に作る。
以臨其民。
もってその民にのぞむ。
是以其民畏而愛之、則而象之。
ここをもってその民おそれてこれを愛し、のっとってこれにかたどる。
故能成其徳教、而行其政令。
ゆえによくその徳教を成して、その政令をおこなう。
詩云、淑人君子、其儀不忒。
詩に云く、「淑人しゅくじん君子、その儀たがわず」と。
  • 詩 … 『詩経』曹風・鳲鳩の章。
  • 淑人 … 善人。
開宗明義章第一 天子章第二
諸侯章第三 卿大夫章第四
士章第五 庶人章第六
三才章第七 孝治章第八
聖治章第九 紀孝行章第十
五刑章第十一 廣要道章第十二
廣至徳章第十三 廣揚名章第十四
諫爭章第十五 應感章第十六
事君章第十七 喪親章第十八
閨門章第十九(古文のみ)