>   その他   >   孝経   >   開宗明義章第一

開宗かいそうめい章第一

〔開宗明義章第一〕(古文)
仲尼居、曾子侍。
ちゅうきょし、そうす。
  • この章は、孝が徳の根本であり、すべての教えの生まれてくる根源であることを説き、また孝道の実践の始めと終りについても述べている。
  • 開宗明義 … 大本おおもとを開き、義を明らかにする。「宗」は、おおもと。根本。「義」は、意味。
  • 古文も章名は同じ。
  • 仲尼 … 孔子のあざな。名はきゅう。ウィキペディア【孔子】参照。
  • 居 … することもなく、暇でくつろいでいる。古文では「間居」に作る。
  • 曾子 … 孔子の弟子で、姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 侍 … 目上の人のそばに控える。古文では「侍坐」に作る。
子曰、先王有至徳要道、以順天下。
わく、先王せんのうとく要道ようどうって、もってんおさむ。
  • 子 … 先生。孔子を指す。
  • 先王 … 昔の優れた王様。堯・舜・とう・文・武を指す。古文では先王の前に「しん」の字がある。
  • 至徳 … 無上の徳。孝徳。
  • 要道 … 肝心な道。大事な道。正しい道。孝道。
  • 天下 … 国家。
  • 順 … 統治する。また、「天下をじゅんにす」「天下したがう」と読んでもよい。古文では「訓」に作る。こちらは「おしう」と読み、「天下万民を教え導く」と訳す。
民用和睦、上下無怨。汝知之乎。
たみもっぼくし、しょううらし。なんじこれるか、と。
  • 民 … 万民。
  • 用 … 「もって」と読む。「以」と同じ。
  • 和睦 … 打ち解けて仲良くする。
  • 上下 … 「上」は君父。「下」は臣子。身分の高い者も低い者もの意。
  • 無怨 … 不平を抱いて恨み合うようなことがない。
  • 無 … 古文では「亡」に作る。
  • 汝 … 「なんじ」と読み、「お前」と訳す。今文は「汝」、古文は「女」に作る。ただし、今文である四部叢刊本では「女」に作る。
曾子避席曰、參不敏。何足以知之。
そうせきけてわく、しんびんなり。なんもっこれるにらん。
  • 避席 … って席から離れる。辟席。当時の席は椅子ではなく、むしろを敷いて坐った。目上の人に対し、席から離れて起つのを礼とした。
  • 参 … 曾子の名。弟子が師匠に対し、自ら名を言うのを礼とした。
  • 不敏 … 賢くないこと。転じて自己の謙称。「不才」に同じ。
  • 不 … 古文では「弗」に作る。
  • 何足以知之 … どうしてそのようなことを心得ておりましょうか。「之」は先王の至徳要道を指す。古文では「之」の後に「乎」の字がある。
子曰、夫孝徳之本也。教之所由生也。
わく、こうとくもとなり。おしえのってしょうずるところなり。
  • 夫 … 発語の助辞。そもそも。いったい。
  • 徳之本 … 道徳の根本。
  • 教之所由生也 … すべての教えが生まれてくる根源である。
  • 由 … 古文では「繇」に作る。「る」と読む。「由」と同じ。
復坐、吾語汝。
かえれ。われなんじかたらん。
  • 復坐 … まあ、坐りなさい。元の席に帰ること。「かえせ」と読んでもよい。
  • 吾語汝 … わたしがお前にとくと話してやろう。
  • 汝 … 「なんじ」と読み、「お前」と訳す。今文は「汝」、古文は「女」に作る。ただし、今文である四部叢刊本では「女」に作る。
身體髮膚、受之父母。
身体しんたいはっこれ父母ふぼく。
  • 身体髪膚 … 肉体と毛髪と皮膚。転じて、身体からだ全体のこと。
  • 受之父母 … すべて父母から頂戴したものである。
  • 之 … 古文では「于」に作る。
不敢毀傷、孝之始也。
あえしょうせざるは、こうはじめなり。
  • 不敢毀傷 … 訳もなくいため傷つけないようにするのは。
  • 不敢 … 「あえて~せず」と読み、「いわれもなく~しない」「軽々しく~しない」「決して~しない」と訳す。「不」は古文では「弗」に作る。
  • 毀傷 … いため傷つける。
  • 孝之始也 … 孝道の実践の始めである。孝道の出発点である。
立身行道、揚名於後世、以顯父母、孝之終也。
みちおこない、後世こうせいげ、もっ父母ふぼあらわすは、こうおわりなり。
  • 立身 … 修養して人格を完成させ、立派な人物になる。
  • 行道 … 人として行うべき道を実践する。孝道を実践する。
  • 揚名於後世 … その名が後の世まで語り継がれるよう、広く行き渡らせる。
  • 揚名 … 名をあげる。世間の評判を得て有名になること。
  • 以顕父母 … あれは誰々の子だよ、と父母の名が世間に知られるようになることが。
  • 孝之終也 … 孝道の実践の終りである。孝道の完成である。
夫孝、始於事親、中於事君、終於立身。
こうは、おやつかうるにはじまり、きみつかうるにちゅうし、つるにおわる。
  • 夫 … 発語の助辞。いったい。
  • 孝 … 孝ということは。孝行ということは。
  • 始於事親 … 家にいて親に仕えることが始まりである。
  • 中於事君 … 家を出て君主に仕えることがその中間である。
  • 終於立身 … 立派な人物になることが終りである。
大雅曰、無念爾祖。聿脩厥徳。
たいわく、なんじおもうことからんや。とくおさむ、と。
  • 大雅 … 『詩経』大雅・文王篇の一節。ウィキソース「詩經/文王」参照。
  • 無念爾祖 … 汝の祖先のことを思わないでよいだろうか。祖先を忘れてはいけない。「無念」は「おもうこと無からんや」と反語に読む。
  • 念 … 思う。思慕する。
  • 無 … 古文では「亡」に作る。
  • 聿脩厥徳 … 祖先の徳を慕い、それを明らかにして修める。祖先の徳を受け継ぎ、一層盛んにしなければならない。
  • 厥 … その。古文では「其」に作る。
  • 聿脩 … 受け継いで盛んにする。「聿」は、述べる。一説に、リズムを整える助辞とし、「ここに」と読む。「脩」は、明らかにして修める。一層盛んにする。古文では「修」に作る。
今文孝経
開宗明義章第一 天子章第二
諸侯章第三 卿大夫章第四
士章第五 庶人章第六
三才章第七 孝治章第八
聖治章第九 紀孝行章第十
五刑章第十一 広要道章第十二
広至徳章第十三 広揚名章第十四
諫争章第十五 応感章第十六
事君章第十七 喪親章第十八
閨門章第十九(古文のみ)