>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   送杜十四之江南(孟浩然)

送杜十四之江南(孟浩然)

送杜十四之江南
じゅう江南こうなんくをおく
もう浩然こうねん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻一百六十、『孟浩然詩集』巻中(宋蜀刻本唐人集叢刊、略称:宋本)、『孟浩然集』巻四(『四部叢刊 初編集部』所収)、『孟浩然集』巻四(『四部備要 集部』所収、略称:四部備要本)、『孟浩然集』巻三(『唐五十家詩集』所収)、『孟浩然詩集』元文四年刊(『和刻本漢詩集成 唐詩1』所収、155頁、略称:元文刊本)、『孟浩然詩集』巻中、元禄三年刊(『和刻本漢詩集成 唐詩1』所収、180頁、略称:元禄刊本)、『文苑英華』巻二百六十八、『唐詩品彙』巻四十八、『唐詩別裁集』巻十九、『唐人万首絶句選』巻三、他
  • 七言絶句。郷・茫・腸(平声陽韻)。
  • ウィキソース「送杜十四之江南」「孟浩然集 (四部叢刊本)/卷第四」参照。
  • 詩題 … 『宋本』『四部叢刊本』『四部備要本』『文苑英華』では「送杜十四」に作る。『全唐詩』には、題下に「一無題下三字、一題作送杜晃進士之東呉」とある。
  • 杜十四 … 詩題が「こうしんとうくを送る」に作るテキストもあることから、「杜十四」は進士で、姓は杜、名は晃、排行十四であることがわかる。
  • 孟浩然 … 689~740。盛唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。名は浩、浩然はあざな。若い頃、科挙に及第できず、諸国を放浪した末、郷里の鹿門山に隠棲した。四十歳のとき、都に出て張九齢や王維らと親交を結んだが、仕官はできなかった。その後、張九齢がけいしゅう(湖北省)のちょう(地方長官の属官)に左遷されたとき、招かれてじゅう(輔佐官)となったが、まもなく辞任し、江南を放浪した末、郷里に帰ってまた隠棲生活に入り、一生を終えた。多く自然を歌い、王維と並び称される。「春眠暁を覚えず」で始まる「春暁」が最も有名。『孟浩然集』四巻がある。ウィキペディア【孟浩然】参照。
荊呉相接水爲郷
けいあいせっしてみずきょうすも
  • 荊 … 楚の国。今の湖北省の地方。
  • 呉 … 江南の地。今の江蘇省の地方。杜十四が向かうところ。『宋本』では「吴」に作る。異体字。
  • 相接 … 陸続きになっている。
  • 相 … 『宋本』では「日」に作る。
  • 水為郷 … 水郷地帯をなしている。
  • 爲 … 『宋本』では「鳥」に作る。『全唐詩』には「一作連」とある。『文苑英華』では「連」に作り、「絶句詩選作為」とある。『唐人万首絶句選』では「為」に作る。
君去春江正淼茫
きみってしゅんこうまさびょうぼうたり
  • 春江 … 春の長江。『全唐詩』『文苑英華』には「一作江村」とある。
  • 淼茫 … 水がひろびろと広がったさま。
  • 淼 … 『宋本』『四部叢刊本』『四部備要本』『元文刊本』では「渺」に作る。同義。
日暮孤舟何處泊
にち しゅう いずれのところにかはくする
  • 日暮 … 夕暮れ。
  • 孤舟 … ひとり進む君の舟。『宋本』『全唐詩』『四部叢刊本』『四部備要本』『唐五十家詩集本』『元文刊本』『元禄刊本』『文苑英華』では「征帆」に作る。『唐詩別裁集』では「孤帆」に作る。
  • 何處泊 … どの辺りに泊まるのだろう。『全唐詩』には「一作泊何處」とある。『宋本』『四部叢刊本』『四部備要本』『文苑英華』『唐詩別裁集』『唐人万首絶句選』では「泊何處」に作る。
天涯一望斷人腸
天涯一望てんがいいちぼう ひとはらわた
  • 天涯 … はるかな空の果て。
  • 一望 … 眺めやれば。
  • 断人腸 … 悲しみにはらわたがちぎれんばかりだ。
  • 腸 … 『唐五十家詩集本』『元禄刊本』では「膓」に作る。異体字。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行