>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   和賈至舎人早朝大明宮之作(岑参)

和賈至舎人早朝大明宮之作(岑参)

和賈至舎人早朝大明宮之作
賈至かし舎人しゃじんの「つと大明宮たいめいきゅうちょうす」のさくす)
しんじん     
  • 七言律詩。寒・闌・官・乾・難(平声寒韻)。
  • 『全唐詩』巻201所収。『全唐詩』では「奉和中書舎人賈至早朝大明宮」に作る。ウィキソース【奉和中書舍人賈至早朝大明宮】参照。
  • この詩は王維の「和賈至舎人早朝大明宮之作」同様、賈至の「早朝大明宮呈両省僚友」の詩に唱和して作ったもの。
  • 賈至 … 718~772。盛唐の詩人。洛陽の人。ウィキペディア【賈至】参照。
  • 舎人 … 中書舎人。詔勅の作成などをつかさどる。
  • 早 … 早朝。
  • 朝 … 参内すること。
  • 大明宮 … 長安の都の東の内裏。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。辺塞詩人として高適と並び称される。ウィキペディア【岑参】参照。
雞鳴紫陌曙光寒
にわとり紫陌しはくいて曙光しょこうさむ
  • 紫陌 … 都の街路。「陌」は道路。
  • 曙光 … あけぼのの光。
鶯囀皇州春色闌
うぐいす皇州こうしゅうさえずりて春色しゅんしょくたけなわなり
  • 皇州 … 天子の住む都。長安を指す。
  • 色 … 『全唐詩』には「一作欲」との注がある。
  • 闌 … 物事のまっ盛りであるさま。
金闕曉鐘開萬戸
金闕きんけつ暁鐘ぎょうしょう 万戸ばんこひら
  • 金闕 … 天子の宮殿。
  • 闕 … 『全唐詩』には「一作鎖」との注がある。
  • 万戸 … 宮殿のたくさんの扉。
玉階仙仗擁千官
玉階ぎょっかい仙仗せんじょう 千官せんかんよう
  • 玉階 … 宮殿のぎょくをちりばめた階段。
  • 仙仗 … 天子を警護する儀仗兵。天仗。
  • 擁 … 擁護する。
  • 千官 … 出仕しゅっしするおおぜいの役人。
花迎劍佩星初落
はな剣佩けんぱいむかえてほしはじめて
  • 迎 … 『全唐詩』には「一作明」との注がある。
  • 剣佩 … 底本(冨山房『漢文大系』)では「佩劒」に作るが、諸本に従い改めた。『全唐詩』では「劍珮」に作る。「佩」と「珮」とは同義。腰に下げる剣と佩玉。参内する役人の正装。
  • 星初落 … 夜が明けて星が見えなくなるのは、太陽が沈むように星が西の空から落ちると考えられていた。
柳拂旌旗露未乾
やなぎ旌旗せいきはらってつゆいまかわかず
  • 旌旗 … 旗指物。天子の旗を指す。
獨有鳳皇池上客
ひと鳳皇池ほうおうちじょうかく
  • 鳳皇池 … 鳳池に同じ。鳳皇池のそばに中書省があったことから、中書省を指す。
陽春一曲和皆難
陽春ようしゅん一曲いっきょく することみなかた
  • 陽春 … 格調の高い歌の意。『文選』巻45、宋玉の「楚王の問いに対う」(對楚王問」)に、「其の陽春白雪を為す、国中の属して和する者数十人に過ぎず。……是れ其の曲弥々いよいよ高くして、其の和弥々いよいよすくなし」(其爲陽春白雪、國中屬而和者不過數十人。……是其曲彌高其和彌寡)とあるのにもとづく。ウィキソース【昭明文選/卷45/對楚王問】参照。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行