>   故事成語   >   さ行   >   食指動く

食指動く

食指しょくしうご
  • 出典:『春秋左氏伝』宣公四年
  • 解釈:求める心が起こる。野心を起こす。
楚人獻黿於鄭靈公。公子宋與子家、將入見。子公之食指動。以示子家曰、他日、我如此、必嘗異味。及入、宰夫將解黿。
楚人そひと黿げんてい霊公れいこうけんず。公子こうしそう子家しかと、まさりてまみえんとす。子公しこう食指しょくしうごく。もっ子家しかしめしていわく、他日たじつわれくのごとく、かなら異味いみめり、と。るにおよび、宰夫さいふまさ黿げんかんとす。
  • 黿 … 大きなスッポン。
  • 食指 … 人差し指。
  • 異味 … 珍味。
  • 宰夫 … 料理人。
  • 解 … 調理する。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ