>   故事成語   >   あ行   >   佚を以て労を待つ

佚を以て労を待つ

いつもっろう
  • 孫子 … 兵法書。十三編。春秋時代末期のそん著。成立年代は不詳。各編は(始)計・作戦・謀攻・(軍)形・(兵)勢・虚実・軍争・九変・行軍・地形・九地・火攻・用間からなる。兵法書の中では最も著名であり、我が国でも林羅山・荻生徂徠・新井白石・佐藤一斎・吉田松陰らによる注釈書がある。けい七書しちしょの一つ。ウィキペディア【孫子 (書物)】参照。
〔孫子、軍争篇〕
以治待亂、以靜待譁。此治心者也。
もっらんち、せいもっつ。こころおさむるものなり。
  • 以治待乱 … 味方が整然と統治された状態で、敵が混乱した状態になるのを待つ。
  • 以静待譁 … 味方が静まり返った状態で、敵が騒然とした状態になるのを待つ。
  • 譁 … かまびすしい。
  • 此治心者也 … これが心を掌握するということである。
以近待遠、以佚待勞、以飽待饑、此治力者也。
ちかきをもっとおきをち、いつもっろうち、ほうもっつ。ちからおさむるものなり。
  • 以近待遠 … 味方は戦場の近くにいて、遠くからやって来る敵を待つ。
  • 以佚待労 … 味方は十分な休養をとった状態で、疲労した敵を待つ。
  • 佚 … 安佚。安楽。
  • 以飽待饑 … 味方は腹いっぱいの状態で、飢えている敵を待つ。
  • 此治力者也 … これが力を掌握するということである。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ