>   故事成語   >   や行   >   羊頭を掲げて狗肉を売る

羊頭を掲げて狗肉を売る

羊頭ようとうかかげて狗肉くにく
  • 出典:『無門関』第六則
  • 解釈:見せかけが立派でも実質が伴わないこと。見かけ倒し。羊頭狗肉。羊頭を懸けて狗肉を売る。「牛首を懸けて馬肉を売る」とほぼ同じ。
無門曰、黄面瞿曇、傍若無人。壓良爲賤、懸羊頭賣狗肉。將謂、多少奇特。只如當時大衆都笑、正法眼藏、作麼生傳。設使迦葉不笑、正法眼藏又作麼生傳。若道正法眼藏有傳授、黄面老子、誑謼閭閻。若道無傳授、爲甚麼獨許迦葉。
無門むもんいわく、黄面おうめん瞿曇くどん傍若ぼうじゃく無人ぶじんりょうあっしてせんし、羊頭ようとうけて狗肉くにくる。まさおもえり、多少たしょう奇特きどくと。当時そのとき大衆だいしゅすべわらうがごときんば、正法しょうぼう眼蔵げんぞう作麼生そもさんつたえん。迦葉かしょうわらわずんば、正法しょうぼう眼蔵げんぞうまた作麼生そもさんつたえん。正法しょうぼう眼蔵げんぞう伝授でんじゅりとわば、黄面おうめん老子ろうし閭閻りょえん誑謼おうこす。伝授でんじゅしとわば、甚麼なんとしてかひと迦葉かしょうゆるす。
  • 無門 … 無門慧開(1183~1260)。
  • 黄面 … 黄金の顔色。
  • 瞿曇 … 釈迦のこと。梵語Gautamaの音訳。
  • 良 … 良民。
  • 賤 … 奴隷。
  • 多少 … 夥しい。
  • 設使 … 仮定の接続詞。二字で「もし」と訓読する。従来は「し~をして~せしむれば」と誤って訓読してきた。
  • 迦葉 … 摩訶迦葉。釈尊の十大弟子の1人。
  • 老子 … ここでは「老人」の意。すなわち釈尊を指す。
  • 閭閻 … 村里の人々。
  • 誑謼 … たぶらかす。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ