>   故事成語   >   は行   >   兵に常勢無し

兵に常勢無し

へいじょうせい
  • 出典:『孫子』虚実篇
  • 解釈:戦いには、こうすれば必ず勝てるというような決まったやり方はない。常に敵の情況を見極め、対処していかなければならない。「兵」は、兵士ではなく、戦争の意。「常勢」は、常の有様。定まった状態のこと。
  • 孫子 … 兵法書。十三編。春秋時代末期のそん著。成立年代は不詳。各編は(始)計・作戦・謀攻・(軍)形・(兵)勢・虚実・軍争・九変・行軍・地形・九地・火攻・用間からなる。兵法書の中では最も著名であり、我が国でも林羅山・荻生徂徠・新井白石・佐藤一斎・吉田松陰らによる注釈書がある。けい七書しちしょの一つ。ウィキペディア【孫子 (書物)】参照。
水因地而制流、兵因敵而制勝。
みずりてながれをせいし、へいてきりてちをせいす。
  • 水因地而制流 … 水は地形に従って流れを決める。
  • 兵因敵而制勝 … 戦いも敵の態勢に応じて勝利を勝ち取る。
  • 兵 … 戦い。戦争。
兵無常勢、水無常形。
ゆえへいじょうせいく、みずじょうけいし。
  • 兵無常勢 … 戦いには常に決まった態勢というものはない。
  • 常勢 … 常の有様。定まった状態のこと。
  • 水無常形 … 水には常に決まった形というものはない。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ