>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   韋員外家花樹歌(岑参)

韋員外家花樹歌(岑参)

韋員外家花樹歌
員外いんがいいえ花樹かじゅうた
岑參しんじん
  • 七言古詩。好・老・掃(上声皓韻)、當・郎・香(平声陽韻)。
  • 韋員外 … 韋は姓。人物については不明。員外は官名、員外郎。本来は定員外の官。各長官(郎中)の補佐役。
  • 花樹歌 … 員外の家で催された花見の宴での、花をたたえながら員外一家をたたえた詩。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
今年花似去年好
今年こんねんはな去年きょねん
  • 今年花似去年好、去年人到今年老 … 「年年歳歳 花相似たり、歳歳年年 人同じからず」(劉廷芝「代悲白頭翁」)とほぼ同じ考え方。
去年人到今年老
去年きょねんひと今年こんねんいたりて
始知人老不如花
はじめてる ひといてはなかざるを
  • 始知 … そこではじめて気がつく。
  • 不如花 … 花には及ばない。
可惜落花君莫掃
しむべし らっ きみはらうことかれ
  • 可惜 … いとおしい。
  • 掃 … 掃き捨てる。掃除する。
君家兄弟不可當
きみいえ兄弟けいてい たるべからず
  • 不可当 … かなわない。
列卿御史尚書郎
列卿れっけい 御史ぎょし 尚書郎しょうしょろう
  • 列卿 … 諸卿。太常・光禄・衛尉・太僕など九寺の長官。
  • 御史 … 官吏の監察を主とする職。
  • 尚書郎 … 尚書省の部課長級の官吏。
朝囘花底恆會客
ちょうよりかえれば 花底かてい つねかく
  • 朝回 … 朝廷から帰宅する。
  • 花底 … 花の下。
花撲玉缸春酒香
はな玉缸ぎょくこうって春酒しゅんしゅかんば
  • 撲 … ここでは花が散りかかること。
  • 玉缸 … 玉で作ったかめ。
  • 春酒 … 「春に熟す酒」と「春に仕込む酒」の二説あるが、ここでは春の日に飲む酒。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行