>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   送張子尉南海(岑参)

送張子尉南海(岑参)

送張子尉南海
張子ちょうし南海なんかいたるをおく
岑参しんじん
  • 五言律詩。親・人・春・貧(平声真韻)。
  • 張子 … 張某。人物については不明。『全唐詩』では「楊瑗」に作り、「一作張子」とある。楊瑗についても不明。
  • 南海 … 現在の広東省広州市周辺。
  • 尉 … 官名。警察事務をつかさどった。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
不擇南州尉
南州なんしゅうえらばざるは
高堂有老親
高堂こうどう老親ろうしんればなり
  • 高堂 … 相手の家やその家人を尊敬していう言葉。
樓臺重蜃氣
楼台ろうだい 蜃気しんきかさ
  • 蜃気 … 蜃気楼。
邑里雜鮫人
邑里ゆうり 鮫人こうじんまじ
  • 邑里 … 村里。
  • 鮫人 … 人魚。
海暗三山雨
うみくら三山さんざんあめ
  • 三山 … 南海にある番山・禺山・堯山。
花明五嶺春
はなあきらかなり五嶺ごれいはる
  • 花 … 『全唐詩』には「一作江」とある。
  • 五嶺 … 大庾嶺・始安嶺・臨賀嶺・桂陽嶺・掲陽嶺。
此郷多寶玉
きょう 宝玉ほうぎょくおお
愼勿厭清貧
慎んつつし清貧せいひんいとなか
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行