>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   西掖省即事(岑参)

西掖省即事(岑参)

西掖省即事
西掖せいえきしょうそく
しんじん
  • 七言律詩。暉・衣・微・歸・扉(平声微韻)。
  • 『全唐詩』巻201所収。ウィキソース【西掖省即事】参照。
  • 西掖省 … 中書省のこと。「掖」は、わき。宮殿の西側にあったのでこうよばれた。
  • 即事 … 目の前の情景や事柄に即して、見たままに詠じたもの。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
西掖重雲開曙暉
西掖せいえき重雲ちょううん 曙暉しょきひら
  • 重雲 … 重なりあった雲。
  • 曙暉 … 朝の光。
北山疎雨點朝衣
北山ほくざん疎雨そう 朝衣ちょういてん
  • 疎雨 … まばらに降る雨。
  • 朝衣 … 朝廷に出仕するときの服。朝服。
千門柳色連青瑣
千門せんもん柳色りゅうしょく 青瑣せいさつらなり
  • 千門 … 何千もの宮殿の門。
  • 青瑣 … 宮殿の扉。鎖の形の模様を彫刻し、青いうるしを塗ってあった。
三殿花香入紫微
三殿さんでん花香かこう 紫微しび
  • 三殿 … 長安の東北にあった蓬莱宮のこと。この宮殿には三つの殿があったので蓬莱三殿と呼ばれた。杜審言「蓬莱三殿侍宴奉勅詠終南山」参照。
  • 紫微 … 紫微宮。天子の宮殿。
平明端笏陪鵷列
平明へいめい こつただして鵷列えんれつばい
  • 平明 … 夜明けがた。
  • 端笏 … 笏を正しく持つこと。笏は朝廷の役人が右手に持ってメモを記す細長い板。ウィキペディア【】参照。
  • 鵷列 … 朝臣の行列。「鵷」は鳳凰の一種。
薄暮垂鞭信馬歸
はく むちれ うままかせてかえ
  • 薄暮 … 日暮れ。
  • 信馬 … 馬の歩みにまかせて。
宦拙自悲頭白盡
かんつたなくしてみずかかなしむ かしら白尽はくじんするを
  • 宦 … 『全唐詩』では「官」に作る。どちらも宮廷につかえること。
  • 拙 … 宮仕えがうまくゆかないこと。
  • 頭白尽 … 頭髪がすっかり白くなること。
不如巖下偃荊扉
かず 巌下がんか 荊扉けいひせんには
  • 不如 … ~の方がましだ。
  • 巌下 … 大きな岩の下。
  • 下 … 『全唐詩』には「一作石」とある。
  • 荊扉 … いばらで作った扉。柴扉に同じ。
  • 偃 … 寝そべる。『全唐詩』には「一作掩」とある。こちらの場合は「門扉を閉ざす」の意。どちらも隠遁生活に入ることをいう。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行