>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   和賈至舎人早朝大明宮之作(王維)

和賈至舎人早朝大明宮之作(王維)

和賈至舍人早朝大明宮之作
賈至かし舎人しゃじんの「つと大明宮たいめいきゅうちょうす」のさくす)
王維おうい     
  • 七言律詩。籌・裘・旒・浮・頭(平声尤韻)。
  • 『全唐詩』巻128所収。ウィキソース【和賈舍人早朝大明宮之作】参照。
  • この詩は岑参の「和賈至舎人早朝大明宮之作」同様、賈至の「早朝大明宮呈両省僚友」の詩に唱和して作ったもの。
  • 賈至舎人 … 盛唐の詩人。718~772年。洛陽の人。ウィキペディア【賈至】参照。「舎人」は中書舎人。詔勅の作成などをつかさどる。『全唐詩』では「賈舎人」に作る。
  • 早 … 早朝。
  • 朝 … 参内すること。
  • 大明宮 … 長安の都の東の内裏。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人。太原(山西省)の人。あざなきつ。ウィキペディア【王維】参照。
絳幘雞人報曉籌
絳幘こうさく雞人けいじん 暁籌ぎょうちゅうほう
  • 絳幘 … 赤い帽子。
  • 雞人 … 官名。夜明けを知らせて宮殿内の百官を起こす役。
  • 報 … 『全唐詩』では「送」に作り、「一作報」との注がある。
  • 暁籌 … 夜明けの時刻。
尚衣方進翠雲裘
尚衣しょういまさすすむ 翠雲すいうんきゅう
  • 尚衣 … 天子の衣冠を管理する職。
  • 翠雲裘 … みどりの糸で雲の模様を縫い取りした衣服。「裘」は皮ごろも。
九天閶闔開宮殿
九天きゅうてん閶闔しょこう 宮殿きゅうでんひら
  • 九天 … 九重の天。宮殿。ここでは大明宮を指す。
  • 天 … 『全唐詩』には「一作重」との注がある。
  • 閶闔 … 天門。ここでは大明宮の宮殿の門を指す。
萬國衣冠拜冕旒
万国ばんこく衣冠いかん 冕旒べんりゅうはい
  • 冕旒 … かんむりの前後にたれ下げる飾りの玉。
日色纔臨仙掌動
日色にっしょくわずかに仙掌せんしょうのぞんでうご
  • 日色 … 太陽の光。
  • 纔 … やっとのことで。はじめて。
  • 仙掌 … 漢の武帝が宮殿の庭に立てた承露盤。
香煙欲傍袞龍浮
香煙こうえん袞竜こんりょういてうかばんとほっ
  • 袞龍 … 体をうねらせた竜を刺繍した天子の礼服。
朝罷須裁五色詔
ちょうんですべからくさいすべし 五色ごしきしょう
  • 朝罷 … 天子の前での朝礼の儀が終了すること。
  • 須 … 「すべからく~すべし」と読み、「ぜひ~する必要がある」と訳す。
  • 裁 … 詔書を起草する。
  • 五色詔 … 詔勅。五色の模様のある紙にかかれるため。
珮聲歸到鳳池頭
珮声はいせいかえいたる 鳳池ほうちほとり
  • 珮声 … 腰におびた佩玉の音。『全唐詩』では「佩聲」に作る。「佩」と「珮」とは同義。
  • 到 … 『全唐詩』では「向」に作り、「一作到」との注がある。
  • 鳳池 … 鳳凰池の略称。鳳池のそばに中書省があったことから、中書省を指す。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行