>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   胡笳歌送顔真卿使赴河隴(岑参)

胡笳歌送顔真卿使赴河隴(岑参)

胡笳歌送顏眞卿使赴河隴
胡笳こかうた 顔真卿がんしんけい使つかいしてろうおもむくをおくる)
岑參しんじん
  • 〔出典〕 『唐詩選』巻二、『岑嘉州集』巻二(『四部叢刊 初篇集部』所収)、『岑嘉州集』巻四(『唐五十家詩集』所収)、『全唐詩』巻百九十九、他
  • 七言古詩。悲・吹・兒(平声支韻)/道・草(上声皓韻)/斜・笳(平声麻韻)/君・雲・聞(平声文韻)、換韻。
  • ウィキソース「胡笳歌送顏真卿使赴河隴」参照。
  • 胡笳 … 北方民族の胡人が吹いたあしの葉の笛。
  • 顔真卿 …709~785。唐の忠臣、書家。ろうりん(山東省臨沂県)の人であるが、生まれは長安(陝西省西安市)。あざなは清臣、おくりなは文忠。開元二十二(734)年、進士に及第。玄宗・粛宗・代宗・徳宗の四代に仕え、安禄山の乱で功を立てた。徳宗のとき、反乱を起こしたれつに殺された。書の名人としても有名で、剛健な書風で知られ、唐四大家の一人に数えられる。ウィキペディア【顔真卿】参照。
  • 使 … 使者として。『四部叢刊本』には、この字なし。
  • 河隴 … 西域の地名。西せい(今の甘粛省武威市)と隴右ろうゆう(今の青海省西寧市)を合わせた略称。当時、河西節度使・隴右節度使が置かれた。
  • 赴 … 出かけてゆく。顔真卿が監察御史として河隴の査察に赴いたことを指す。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
君不聞胡笳聲最悲
きみかずや 胡笳こかこえ もっとかなしきを
  • 君不聞 … 聞きたまえ。読者に呼びかけて同意を求める言葉。楽府体でよく用いられる表現。
  • 声 … 音色。
  • 最悲 … この上もない悲しい響きを。
紫髯綠眼胡人吹
ぜん りょくがんじん
  • 紫髯 … 赤ひげ。
  • 緑眼 … 青い眼。
  • 緑 … 『全唐詩』には「一作碧」とある。
  • 胡人 … 北方や西方に住む異民族。
吹之一曲猶未了
これきて いっきょくいまおわらざるに
  • 之 … 胡笳を指す。
  • 未了 … まだ吹き終わらないうちに。
  • 未 … 「いまだ~(せ)ず」と読み、「まだ~しない」と訳す。再読文字。
愁殺樓蘭征戍兒
愁殺しゅうさつす 楼蘭ろうらん 征戍せいじゅ
  • 愁殺 … ひどく悲しませる。「殺」は程度の強いことを示す助辞。
  • 楼蘭 … 今のしんきょうウイグル自治区、ロプノール湖の西にあった小独立国。
  • 征戍児 … 辺境に出征している守備兵。「戍」は、守る。「児」は、若者。
涼秋八月蕭關道
涼秋りょうしゅう八月はちがつ しょうかんみち
  • 涼秋八月 … 今は仲秋の八月。今は涼しい秋の八月。胡地の陰暦八月はもう寒さが訪れている。
  • 蕭関 … 今の甘粛省固原の近くにあった関所。
北風吹斷天山草
北風ほくふうつ 天山てんざんくさ
  • 吹断 … 吹きちぎる。
  • 天山 … 新疆ウイグル自治区を横断する山脈。ウィキペディア【新疆天山】参照。
崑崙山南月欲斜
崑崙山こんろんさんなん つきななめならんとほっ
  • 崑崙山 … 新疆ウイグル自治区とチベットの境界を東西に走る山脈。当時、西方に見える高い山脈を漠然と崑崙山と呼んだ。ウィキペディア【崑崙山脈】参照。
  • 南 … (崑崙山の)南に。
  • 月欲斜 … 月が傾きかかる頃。
  • 欲 … 「(んと)ほっす」と読み、「~しようとする」と訳す。状態を表す。願望の意ではない。
胡人向月吹胡笳
じん つきかいて 胡笳こか
  • 吹 … 吹き鳴らす。
胡笳怨兮將送君
胡笳こかうらみ まさきみおくらんとす
  • 胡笳怨 … 胡笳の恨むような悲しい音色に我が心を託して。
  • 兮 … 音は「ケイ」。調子を整える助字。訓読しない。『楚辞』や楚調の歌に多く用いられる。
  • 将 … 「まさに~(んと)す」と読み、「~しようとする」と訳す。再読文字。
秦山遙望隴山雲
秦山しんざんはるかにのぞむ 隴山ろうざんくも
  • 秦山 … ここ秦の地の山々から。都長安の南方にある秦嶺山脈を指す。ウィキペディア【秦嶺山脈】参照。
  • 隴山 … 陝西省と甘粛省とにまたがる山脈。河隴に行くにはこの山を越えなければならない。
邊城夜夜多愁夢
へんじょう 夜夜やや しゅうおお
  • 辺城 … 辺境の町。「城」は、城壁に囲まれた町を指す。
  • 夜夜 … 夜ごとに。毎晩。
  • 愁夢 … 愁いに満ちた夢。
向月胡笳誰喜聞
つきむかいて 胡笳こか たれくをよろこばん
  • 誰喜聞 … 誰が喜んで聞けるだろうか。いや、誰も喜んで聞かない。反語。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行