>   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   胡笳歌送顔真卿使赴河隴(岑参)

胡笳歌送顔真卿使赴河隴(岑参)

胡笳歌送顏眞卿使赴河隴
胡笳こかうた 顔真卿がんしんけい使つかいして河隴かろうおもむくをおくる)
岑參しんじん     
  • 七言古詩。悲・吹・兒(平声支韻)、道・草(上声皓韻)、斜・笳(平声麻韻)、君・雲・聞(平声文韻)。
  • 使 … 『岑嘉州集』(『四部叢刊 初篇集部』所収)にはこの字なし。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。辺塞詩人として高適と並び称される。ウィキペディア【岑参】参照。
君不聞胡笳聲最悲
きみかずや 胡笳こかこえ もっともかなしきを
紫髯緑眼胡人吹
紫髯しぜん緑眼りょくがん胡人こじん
  • 緑 … 『全唐詩』には「一作碧」との注がある。
吹之一曲猶未了
これをいて 一曲いっきょくなおいまだおわらざるに
愁殺樓蘭征戍兒
愁殺しゅうさつす 楼蘭ろうらん征戍せいじゅ
涼秋八月蕭關道
涼秋りょうしゅう八月はちがつ 蕭関しょうかんみち
北風吹斷天山草
北風ほくふうつ 天山てんざんくさ
崑崙山南月欲斜
崑崙山こんろんさんなん つきななめならんとほっ
胡人向月吹胡笳
胡人こじん つきかいて 胡笳こか
胡笳怨兮將送君
胡笳こかうらみもて まさにきみおくらんとす
秦山遙望隴山雲
秦山しんざんはるかにのぞむ 隴山ろうざんくも
邊城夜夜多愁夢
辺城へんじょう 夜夜やや 愁夢しゅうむおお
向月胡笳誰喜聞
つきかいて 胡笳こか たれくをよろこばん
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行