>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   早朝大明宮呈両省僚友(賈至)

早朝大明宮呈両省僚友(賈至)

早朝大明宮呈両省僚友
つと大明宮たいめいきゅうちょうし、両省りょうしょう僚友りょうゆうていす)
賈至かし     
  • 七言律詩。長・蒼・章・香・王(平声陽韻)。
  • 『全唐詩』巻235所収。ウィキソース【早朝大明宮呈兩省僚友】参照。
  • 早 … 早朝。
  • 朝 … 参内すること。
  • 大明宮 … 長安の都の東のだい
  • この詩に唱和して作ったものに、王維の「和賈至舎人早朝大明宮之作」と岑参の「和賈至舎人早朝大明宮之作」とがある。
  • 賈至 … 718~772。盛唐の詩人。洛陽の人。あざなよう、一説には幼隣ようりんともいう。そうの子。ウィキペディア【賈至】参照。
銀燭朝天紫陌長
銀燭ぎんしょくてんちょうして紫陌しはくなが
  • 銀燭 … 明るく輝くともしび。
  • 朝 … 『全唐詩』では「熏」に作り、「一作朝」との注がある。
  • 朝天 … 参内すること。
  • 紫陌 … 都大路。「陌」は道。
禁城春色曉蒼蒼
禁城きんじょう春色しゅんしょく あかつき蒼蒼そうそうたり
  • 禁城 … 宮中。
  • 春色 … 春景色。
  • 蒼蒼 … 明け方の薄暗い様子。
千條弱柳垂靑瑣
千条せんじょう弱柳じゃくりゅう 青瑣せいさ
  • 千条 … 何千もの筋。
  • 弱柳 … 細い柳の枝。
  • 青瑣 … 王宮の門。
百囀流鶯繞建章
百囀ひゃくてん流鶯りゅうおう 建章けんしょうめぐ
  • 百囀 … 多くの鳥がしきりにさえずること。
  • 流鶯 … 枝から枝へと飛び移って鳴くうぐいす。
  • 繞 … 『全唐詩』には「一作滿」との注がある。
  • 建章 … 漢の武帝が建てた宮殿の名。
劒佩聲隨玉墀歩
剣佩けんぱい こえ玉墀ぎょくちしたが
  • 剣佩 … 腰にさげた剣と佩玉。『全唐詩』では「劍珮」に作る。「佩」と「珮」とは同義。
  • 玉墀 … 玉石を敷き詰めた階段上の土間。
衣冠身惹御爐香
衣冠いかん 御炉ぎょろこう惹く
  • 御炉 … 天子の香炉。
  • 惹 … 『全唐詩』には「一作染」との注がある。
共沐恩波鳳池上
とも恩波おんぱもくす 鳳池ほうちほとり
  • 恩波 … 天子の恩恵。
  • 鳳池 … 鳳凰池の略称。鳳池のそばに中書省があったことから、中書省を指す。
  • 上 … 『全唐詩』には「一作裏」との注がある。
朝朝染翰侍君王
朝朝ちょうちょう ふでめて君王くんのうせん
  • 朝朝 … 朝ごとに。
  • 染翰 … 筆で字を書く。詔勅の文章を起草すること。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行