>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   寄左省杜拾遺(岑参)

寄左省杜拾遺(岑参)

寄左省杜拾遺
左省さしょうしゅう
岑参しんじん
  • 五言律詩。微・歸・飛・稀(平声微韻)。
  • 左省 … 門下省。
  • 杜拾遺 … 杜甫。拾遺は官名。天子の過失をいさめる役。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
聯歩趨丹陛
つらねて丹陛たんぺいはしるも
  • 丹陛 … 朱で塗った宮殿の階段。
分曹限紫微
そうわかって紫微しびかぎらる
  • 曹 … 部局。
  • 紫微 … 紫微宮。
曉隨天仗入
あかつきには天仗てんじょうしたがって
  • 天仗 … 天子の行列を護衛する兵。
暮惹御香歸
くれには御香ぎょこういてかえ
  • 御香 … 宮中で焚かれる香の香り。
白髮悲花落
白髪はくはつ はなつるをかなしみ
青雲羨鳥飛
青雲せいうん とりぶをうらや
聖朝無闕事
聖朝せいちょう 闕事けつじ
  • 聖朝 … 時の朝廷を尊んでいうことば。
  • 闕事 … 政治上の欠陥。
自覺諫書稀
みのずかおぼゆ 諫書かんしょまれなるを
  • 諫書 … 天子をいさめる書。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行