>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   九日使君席奉餞衛中丞赴長水(岑参)

九日使君席奉餞衛中丞赴長水(岑参)

九日使君席奉餞衛中丞赴長水
九日きゅうじつ使君しくんせきにてえい中丞ちゅうじょう長水ちょうすいおもむくにはなむけしたてまつる)
しんじん     
  • 七言律詩。師・兒・旗・時・籬(平声支韻)。
  • 『全唐詩』巻201所収。ウィキソース【九日使君席奉餞衛中丞赴長水】参照。
  • 九日 … 九月九日。重陽の節句。
  • 使君 … 州の刺史。
  • 衛中丞 … 人物については不明。中丞は御史中丞の略称で御史台の次官。官吏を監督し、不正を糾察する。
  • 長水 … 今の河南省盧氏県の近く。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。辺塞詩人として高適と並び称される。ウィキペディア【岑参】参照。
節使横行西出師
節使せっし横行おうこうして西にしのかただす
  • 節使 … 天子から賜る符節(割り符)を持った使者。ここでは衛中丞をさす。
  • 横行 … 自由自在におし進むこと。
  • 西 … 『全唐詩』には「一作東」との注がある。
  • 出師 … 出兵すること。
嗚弓擐甲羽林兒
ゆみらしこうつらぬ羽林うりん
  • 擐甲 … よろいを身につけること。
  • 羽林児 … 近衛兵。ここでは衛中丞の率いる兵卒をさす。
臺上霜風凌草木
台上だいじょう霜風そうふう 草木そうもくしの
  • 台上 … 御史台のあたり。
  • 霜風 … 霜の気を含む風。御史の威権のきびしさにたとえる。底本(冨山房『漢文大系』)では「霜威」に作るが、諸本に従い改めた。
  • 凌草木 … ここでは草木を枯らすこと。
軍中殺氣傍旌旗
軍中ぐんちゅう殺気さっき 旌旗せいき
  • 旌旗 … 旗さしもの。
  • 傍 … 立ちこめる。
預知漢將宣威日
あらかじる 漢将かんしょうぶる
  • 預 … 『全唐詩』には「一作須」との注がある。
  • 預知 … あらかじめ分かっていることだ。
  • 漢将 … 衛中丞をさす。
正是胡塵欲滅時
まさ胡塵こじんめっせんとほっするときなるを
  • 胡塵 … えびすの兵馬によってまきおこる塵。
爲報使君多泛菊
ためほうぜん 使君しくん おおきくうか
  • 為報 … 知らせてやる。
  • 泛菊 … 菊の花を酒杯にうかべること。重陽の節句の行事。
更將絃管醉東籬
さら絃管げんかんって東籬とうりえと
  • 絃管 … 琴や笛。
  • 将 … 「以」に同じ。
  • 東籬 … 東側のまがき。陶淵明の「飲酒」の詩に「菊をる東籬のもと、悠然として南山を見る」とあるのをふまえる。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行