>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   首春渭西郊行呈藍田張二主簿(岑参)

首春渭西郊行呈藍田張二主簿(岑参)

首春渭西郊行呈藍田張二主簿
首春しゅしゅん渭西いせい郊行こうこう藍田らんでん張二ちょうじ主簿しゅぼていす)
しんじん     
  • 七言律詩。西・泥・低・溪・攜(平声齊韻)。
  • 『全唐詩』巻201所収。ウィキソース【首春渭西郊行呈藍田張二主簿】参照。
  • 首春 … 春の初め。
  • 渭西 … 渭水の西岸。
  • 郊行 … 郊外を散歩すること。
  • 藍田 … 地名。長安の南、終南山のふもとにある形勝の地。
  • 張二 … 張某。二は排行。
  • 主簿 … 官名。県令の属官。記録や文書を司った。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。辺塞詩人として高適と並び称される。ウィキペディア【岑参】参照。
囘風度雨渭城西
回風かいふう 度雨どう 渭城いじょう西にし
  • 回風 … つむじ風。
  • 度雨 … 通り過ぎる雨。
  • 渭城 … 秦の都であった咸陽かんようの当時の地名。
細草新花踏作泥
細草さいそう 新花しんか めばどろ
  • 踏作泥 … 踏まれて泥にまみれている。
秦女峰頭雪未盡
秦女峰しんじょほうとう ゆきいまきず
  • 秦女峰 … 位置は不詳。
胡公陂上日初低
胡公陂ここうひじょう はじめてひく
  • 胡公陂 … 長安の西南、県にあった堤の名。陂は堤。
愁窺白髮羞微祿
白髪はくはつうかがうをうれえて微禄びろく
  • 微禄 … わずかな俸禄。
悔別青山憶舊溪
青山せいざんわかれしをいて旧渓きゅうけいおも
  • 旧渓 … ふるさとの谷川。
聞道輞川多勝事
聞道くならく 輞川もうせん 勝事しょうじおおしと
  • 聞道 … 「きくならく」と読み、「聞くところによれば」「人の話によると」と訳す。「聞説」とも書く。
  • 輞川 … 川の名。藍田のあたりを流れる。
  • 勝事 … よい景色。
玉壺春酒正堪攜
玉壺ぎょっこ春酒しゅんしゅ まさたずさうるにえん
  • 玉壺 … 玉で作った美しい壺。
  • 堪 … 十分である。申し分がない。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行