>   漢詩   >   唐詩選   >   巻一 五言古詩   >   与高適薛拠同登慈恩寺浮図(岑参)

与高適薛拠同登慈恩寺浮図(岑参)

與高適薛據同登慈恩寺浮圖
高適こうせき薛拠せつきょおなじく慈恩寺じおんじ浮図ふとのぼ
岑参しんじん
  • 五言古詩。宮・空・工・穹・風・東・瓏・中・濛・窮(平声東韻)、宗(平声冬韻)通押。
  • 與高適薛據同登慈恩寺浮圖 … 『全唐詩』では「與高適薛據登慈恩寺浮圖」に作る。
  • 浮図 … 寺塔。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
塔勢如湧出
塔勢とうせい 湧出ゆうしゅつするがごとく
  • 塔勢 … 塔のそびえるさま。
孤高聳天宮
孤高ここう 天宮てんきゅうそび
  • 孤高 … 一つだけとびぬけて高いこと。
  • 天宮 … 天上にあるといわれる宮殿。
登臨出世界
登臨とうりん 世界せかい
  • 登臨 … 高い所に登って見おろすこと。
磴道盤虚空
磴道とうどう 虚空こくうわだか
  • 磴道 … 石の坂道。
  • 盤る … とぐろを巻いたようにめぐっている。
突兀壓神州
突兀とっこつとして神州しんしゅうあっ
  • 突兀 … 高くつき出ているようす。
  • 神州 … ここでは長安一帯を指す。
崢嶸如鬼工
崢嶸そうこうとして鬼工きこうのごとし
  • 崢嶸 … 高くけわしい。
  • 鬼工 … 鬼神のなすわざ。
四角礙白日
四角しかく 白日はくじつさえぎ
  • 四角 … 四方ののきかど。
七層摩蒼穹
七層しちそう 蒼穹そうきゅう
  • 蒼穹 … 青空。
  • 摩す … こすりつける。
下窺指高鳥
下窺かきして高鳥こうちょうゆびさし
  • 下窺 … 下の方をのぞきこむ。
  • 高鳥 … 空高く飛ぶ鳥。
俯聽聞驚風
俯聴ふていして驚風きょうふう
  • 俯聴 … うつむいて耳をすます。「ふちょう」とも。
  • 驚風 … 突風。
連山若波濤
連山れんざん 波濤はとうのごとく
奔走似朝東
奔走ほんそう ひがしちょうするにたり
  • 走 … 『全唐詩』では「湊」に作る。
  • 朝東 … 東に向かう。諸侯たちが天子のもとに入朝するのにたとえている。
青松夾馳道
青松せいしょう 馳道ちどうさしはさ
  • 松 … 『全唐詩』では「槐」に作る。
  • 馳道 … 天子や身分の高い人が歩く道。お成り道。
宮觀何玲瓏
宮観きゅうかん なん玲瓏れいろうたる
  • 宮観 … 宮殿。離宮。観は楼閣。
  • 觀 … 『全唐詩』では「館」に作る。
  • 玲瓏 … 美しく澄みきっているようす。
秋色從西來
秋色しゅうしょく 西にしよりきた
  • 秋色 … 秋の気配。
蒼然滿關中
蒼然そうぜんとして関中かんちゅう
  • 蒼然 … 青く澄んでいる。
  • 関中 … 長安付近一帯を指す。
五陵北原上
りょう 北原ほくげんほとり
  • 五陵 … 漢の五帝の陵墓。高祖の長陵、恵帝の安陵、景帝の陽陵、武帝の茂陵、昭帝の平陵を指す。長安の西北にあった。
萬古青濛濛
ばん せい濛濛もうもうたり
  • 濛濛 … 草木が青く生い茂っている形容。
淨理了可悟
浄理じょうり ついさとるべし
  • 浄理 … 仏の教え。
勝因夙所宗
勝因しょういん つとそうとするところ
  • 勝因 … すぐれた因縁。
  • 宗 … むねとする。
誓將挂冠去
ちかってまさかんむりけて
  • 挂冠 … 官職を辞めること。後漢の逢萌ほうぼうが、王莽おうもうに仕えることを好まず、自分の冠を東都の城門にかけて去った故事(『後漢書』逸民伝)に基づく。
覺道資無窮
覚道かくどう きゅうせんとす
  • 覚道 … 正しいさとりの道。
  • 資無窮 … 未来永劫尽きることのない仏道を悟るたすけとする。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行