>   その他   >   李衛公問対   >   巻上〔八〕

李衛公問対 巻上〔八〕

太宗曰、黃帝兵法、世握奇文。或謂爲握機文。何謂也。
太宗たいそういわく、黄帝こうてい兵法へいほうあくぶんつたう。あるいはいてあくぶんす。なんいいぞや。
  • ウィキソース「唐李問對/卷上」参照。
  • 黄帝 … 古代の伝説上の帝王。五帝の一人。名は軒轅けんえん。ウィキペディア【黄帝】参照。
  • 握奇文 … 兵法書『あくけい』を指す。『握機経』『幄機経』とも。ウィキソース「握奇經」参照。「握奇」は、軍陣の名。全軍をまず九陣に分け、天・地・風・雲の四陣を正といい、龍・虎・鳥・蛇の四陣を奇といい、余りの一陣を握奇という。ウィキペディア【握奇陣】参照。
  • 何謂也 … 奇と機とは何を意味するのか。
靖曰、奇音機。故或傳爲機。其義則一。考其辞云、四爲正、四爲奇、餘奇爲握機。奇餘零也。因此音機。
せいいわく、おんなり。ゆえあるいはつたえてす。すなわいちなり。かんがえるにいわく、せいし、し、余奇よきあくすと。れいなり。おんなるにる。
  • 奇音機 … 奇と機とは発音が同じである。
  • 其義則一 … その意味するところは同一である。
  • 辞 … 言葉。底本では「詞」に作るが、『直解』に従い改めた。同義。
  • 四為正 … 天・地・風・雲の四陣を正とする。
  • 四為奇 … 龍・虎・鳥・蛇の四陣を奇とする。
  • 余奇為握機 … 余奇を握機とする。「余奇」は軍陣の名。握奇・握機と同じ。
  • 奇余零也 … 奇とは、割って余った数のことである。奇正の奇の意ではない。
  • 因此音機 … 奇と機とは発音が同じであるから、誤って奇を機に作ったのである。
臣愚謂、兵無不是機。安在乎握而言也。當爲餘奇則是。
しんにしておもえらく、へいならざるはし。いずくんぞあくりてわんや。まさ余奇よきるはすなわなるべし。
  • 臣愚謂 … わたくしの愚見を申し述べれば。
  • 兵無不是機 … 戦いはすべてはかりごとである。「機」は、機謀。機略。
  • 安在乎握而言也 … 何もはかりごとを掌握するという意味においてのみ、奇という言うわけではない。
  • 当為余奇則是 … 割り切れない奇数という意味にとれば、奇とするのが正しい。
夫正兵受之於君、奇兵將所自出。法曰、令素行以教其民者、則民服。此受之於君者也。
正兵せいへいこれきみけ、へいしょうみずかだすところなり。ほういわく、れいもとよりおこなわれ、もったみおしうれば、すなわたみふくす、と。これきみくるものなり。
  • 夫正兵受之於君 … そもそも正兵は君主から受け取るもの。
  • 奇兵将所自出 … 奇兵は将軍の知略から繰り出すもの。
  • 令素行以教其民者、則民服 … 普段から法令が守られていて、動員された兵士に軍の法令を教えるならば、兵士は服従する。「民」は、ここでは人民ではなく、動員されたばかりの新兵を指す。『孫子』行軍篇の言葉。
  • 此受之於君者也 … これが君主から受け取る正兵である。
又曰、兵不豫言、君命有所不受。此將所自出者也。
またいわく、へいあらかじわず、君命くんめいけざるところり、と。しょうみずかだすところものなり。
  • 兵不予言、君命有所不受 … 戦略については、あらかじめ言明しない。君主の命令には、従ってはならないこともある。「君命有所不受」のみ『孫子』九変篇の言葉。
  • 奇兵将所自出 … これが将軍の知略から繰り出す奇兵である。
凡將、正而無奇、則守將也。奇而無正、則鬬將也。奇正皆得、國之輔也。
およしょうせいにしてきは、すなわしゅしょうなり。にしてせいきは、すなわとうしょうなり。せいみなるは、くになり。
  • 凡将、正而無奇、則守将也 … 総じて将軍において、正のみで奇を行うことを知らない者は、守備だけの将軍である。
  • 守将 … 城を守る将軍。守備の大将。
  • 奇而無正、則闘将也 … 奇のみで正を行うことを知らない者は、攻撃だけの将軍である。
  • 闘将 … ここでは、攻撃だけで守備が苦手な将軍。
  • 奇正皆得、国之輔也 … 奇と正とを兼ね備えた者こそが、国家を補佐する将軍である。
是故、握機、握奇、本無二法。在學者兼通而已。
ゆえに、あくあくは、もとほうし。学者がくしゃねてつうずるにるのみ。
  • 是故 … こういうわけで。
  • 本無二法 … もともと二種類の兵法ではない。
  • 在学者兼通而已 … 兵法を学ぶ者だけが奇と正の両方に精通していればよいのである。「学者」は、ここでは兵法を学ぶ者。
巻上
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15