>   その他   >   孫子   >   行軍篇

孫子 行軍こうぐん

01 孫子曰、凡處軍、相敵、絶山依谷、視生處高、戰隆無登。
そんいわく、およぐんき、てきるに、やまわたればたにり、せいたかきにり、たかきにたたかうにのぼることかれ。
  • この篇は『孫子集注』(明嘉靖刊本、『四部叢刊 初篇子部』所収)の本文が錯乱しているので、『十一家注孫子校理』(中華書局、1999年)により本文の順序を改めた。
  • 行軍篇 … 武経本では「行軍第九」に作る。
  • 処軍相敵 … 軍の配置と敵情の偵察について言えば。
  • 絶山依谷 … 山を越えるには谷沿いを進む。「絶」は、ここでは越えるの意。
  • 視生処高 … 高みを見つけては高い場所に布陣する。「生」は、ここでは高みの意。
  • 戦隆無登 … 敵が高い場所にいる場合は、攻め登ってはいけない。
此處山之軍也。
やまるのぐんなり。
  • 此処山之軍也 … これが山地にいる軍隊の注意すべきことである。
絶水必遠水。
みずわたればかならみずよりとおざかる。
  • 絶水必遠水 … 川を渡り終えたら、必ず川から遠ざかる。
客絶水而來、勿迎之於水内、令半濟而擊之利。
かくみずわたりてきたらば、これみずうちむかうることく、なかわたらしめてこれつはあり。
  • 客絶水而来 … 敵が川を渡って来たときは。「客」は敵を指す。
  • 勿迎之於水内 … 敵を川の中で迎え撃ったりせず。「之」は敵を指す。「迎」は迎え撃つ。
  • 令半済而撃之利 … 敵の半分が渡った時に攻撃すると有利である。
欲戰者、無附於水而迎客。
たたかわんとほっするものは、みずきてかくむかうることかれ。
  • 欲戦者 … 戦おうとするときは。
  • 無附於水而迎客 … 川岸で待機して敵を迎え撃ってはいけない。
視生處高、無迎水流。
せいたかきにり、すいりゅうむかうることかれ。
  • 視生処高 … 高みを見つけては高い場所に布陣する。「生」は、ここでは高みの意。
  • 無迎水流 … 下流にいて上流の敵を迎え撃ってはいけない。
此處水上之軍也。
すいじょうるのぐんなり。
  • 此処水上之軍也 … これが川のほとりにいるときの軍隊の注意すべきことである。
絶斥澤、惟亟去無留。
斥沢せきたくわたれば、すみやかにりてとどまることかれ。
  • 斥沢 … 湿地帯。沼沢地。
  • 惟亟去無留 … ただ速やかに通過し、そこに留まってはいけない。
  • 惟 … 武経本では「唯」に作る。
  • 亟 … 「すみやかに」と読み、「すみやかに」「急いで」と訳す。
若交軍於斥澤之中、必依水草而背衆樹。
ぐん斥沢せきたくうちまじうれば、かなら水草すいそうりてしゅうじゅはいにせよ。
  • 若交軍於斥沢之中 … もし湿地帯で敵と交戦する事態になったならば。
  • 必依水草 … 必ず飲料水と飼料の草がある所に軍を配置する。
  • 背衆樹 … 多くの樹木を背にして布陣せよ。
此處斥澤之軍也。
斥沢せきたくるのぐんなり。
  • 此処斥沢之軍也 … これが湿地帯にいるときの軍隊の注意すべきことである。
平陸處易、而右背高、前死後生。
平陸へいりくにはやすきにりて、たかきを右背ゆうはいにし、まえにしてせいうしろにす。
  • 平陸処易 … 平地では平坦な場所に軍を駐留させる。
  • 平陸 … 平らな陸地。
  • 而 … 武経本にはこの字なし。
  • 右背高 … 高い所を右後方にする。
  • 前死後生 … 低地を前にし、高地を後ろにする。
此處平陸之軍也。
平陸へいりくるのぐんなり。
  • 此処平陸之軍也 … これが平地にいるときの軍隊の注意すべきことである。
凡此四軍之利、黄帝之所以勝四帝也。
およぐんは、黄帝こうていていちし所以ゆえんなり。
  • 四軍之利 … 山地・河川地帯・湿地帯・平地における軍隊の利益。
  • 黄帝之所以勝四帝也 … 黄帝が四人の帝王に勝った原因である。
  • 黄帝 … 伝説上の帝王。五帝の一人。名は軒轅けんえん。ウィキペディア【黄帝】参照。
02 凡軍好高而惡下、貴陽而賤陰、養生而處實。
およぐんたかきをこのみてひくきをにくみ、ようたっとびていんいやしみ、せいやしないてじつる。
  • 軍好高而悪下 … 軍隊は高い所を好んで低い所を嫌う。
  • 貴陽而賤陰 … 日当たりの良い南面を尊び、日当たりの悪い北面をさげすむ。
  • 養生而処実 … 兵士の健康に留意し、水や草など補給物資の豊かな場所にいる。武経本には「而」の字なし。
軍無百疾、是謂必勝。
ぐんひゃくしつくんば、これひっしょうう。
  • 百疾 … 種々の病気。「百」は、数の多いこと。「疾」は、疾病しっぺい
  • 必勝 … 必ず勝つこと。
丘陵隄防、必處其陽、而右背之。
丘陵きゅうりょう隄防ていぼうには、かならようりて、これ右背ゆうはいにす。
  • 丘陵隄防 … 丘や堤防がある場合は。「隄」は「堤」と同義。
  • 必処其陽 … 必ず日当たりの良い場所にいる。
  • 右背之 … 丘や堤防が右後方になるようにする。「之」は丘や堤防を指す。
此兵之利、地之助也。
へいたすけなり。
  • 兵之利 … 戦闘上の利益。
  • 地之助 … 地形の援助。
03 上雨、水沫至、欲渉者、待其定也。
かみあめふりて、水沫すいまついたらば、わたらんとほっするものは、さだまるをて。
  • 上雨 … 上流に雨が降って。
  • 水沫至 … 水かさが増してきたら。「水沫」は、水のあわ。
  • 欲渉者 … 川を渡ろうとする者は。
  • 待其定也 … 水の流れが落ち着くまで待たなければならない。
凡地、有絶澗、天井、天牢、天羅、天陷、天隙、必亟去之、勿近也。
およに、絶澗ぜっかん天井てんせい天牢てんろうてん天陥てんかん天隙てんげきらば、かならすみやかにこれりて、ちかづくことかれ。
  • 地 … 地形。
  • 絶澗 … 切り立って深くて険しい谷間。絶谷ぜっこく絶壑ぜつがくとも。
  • 天井 … 四方が高くて中央が窪んでいる、天然の井戸のような所。
  • 天牢 … 入り口以外は山に囲まれて脱出困難な、天然の牢獄のような所。
  • 天羅 … 灌木が密生して進むのが困難な、天然の網のような所。
  • 天陥 … 沼地で足を取られてしまう、天然の落とし穴のような所。
  • 天隙 … 山間やまあいの細くて狭い、天然の裂け目のような所。
  • 必亟去之 … 必ず速やかに立ち去って。
  • 亟 … 「すみやかに」と読み、「すみやかに」「急いで」と訳す。
  • 勿近也 … 近づいてはならない。
吾遠之、敵近之、吾迎之、敵背之。
われこれとおざかり、てきこれちかづかせ、われこれむかえ、てきこれうしろにせしめよ。
  • 吾遠之 … 味方はこの地から遠ざかる。「之」は絶澗から天隙までの六地を指す。
  • 敵近之 … 敵はこの地に近づくように仕向ける。
  • 吾迎之 … 味方はこの地に向かって攻撃する。
  • 敵背之 … 敵はこの地を背後にするように追い込む。
軍行有險阻、潢井、葭葦、山林、翳薈者、必謹覆索之。
軍行ぐんこうけん潢井こうせい葭葦かい山林さんりん翳薈えいわいれば、かならつつしんでこれ覆索ふくさくせよ。
  • 軍行 … 行軍中に。武経本では「軍旁」に作る。こちらは「行軍している道のそばに」の意。
  • 険阻 … 険しい場所。「嶮岨」とも書く。
  • 潢井 … 水たまりと井戸。「潢」は、水たまり。水をためた池。
  • 葭葦 … あしの密生地。武経本では「蒹葭」に作る。
  • 山林 … 武経本では「林木」に作る。
  • 翳薈 … 草木の生い茂っている所。
  • 必謹覆索之 … 必ず念入りに探索しなければならない。「謹」は、念を入れること。
  • 覆索 … 念入りに調べ探すこと。
此伏姦之所處也。
伏姦ふくかんところなり。
  • 伏姦 … 待ち伏せして不意に襲いかかる兵。伏兵。
  • 処 … 武経本にはこの字なし。
04 敵近而靜者、恃其險也。
てきちかくしてしずかなるは、けんたのむなり。
  • 敵近而静者 … 敵が近くにおりながら、静まり返っているのは。
  • 敵 … 武経本にはこの字なし。
  • 恃其険也 … 陣地の険しさを頼りとしているからである。
  • 恃 … 頼む。頼りとする。当てにする。期待する。
遠而挑戰者、欲人之進也。
とおくしてたたかいをいどむは、ひとすすむをほっするなり。
  • 遠而挑戦者 … 敵が遠くにいながら、戦いを挑んでくるのは。
  • 欲人之進也 … こちらが進撃するのを望んでいるからである。
其所居易者、利也。
ところやすきは、あるなり。
  • 其所居易者 … 敵が陣地を敷いている場所が平坦な土地であるのは。
  • 利也 … 何か利便を見出しているからである。
衆樹動者、來也。
しゅうじゅうごくは、きたるなり。
  • 衆樹動者 … 多くの木々が揺れ動いているのは。
  • 来也 … 敵が進撃してくるからである。
衆草多障者、疑也。
しゅうそうしょうおおきは、なり。
  • 衆草多障者 … あちこちの草を結んで覆いかぶせてあるのは。「障」は、ここでは覆いかぶせる。
  • 疑也 … 伏兵がいるように疑い惑わせるためである。
鳥起者、伏也。
とりつは、ふくなり。
  • 鳥起者 … 鳥が飛び立つのは。
  • 伏也 … 伏兵がいるからである。
獸駭者、覆也。
けものおどろくは、ふくなり。
  • 獣駭者 … 獣が驚いて走り出すのは。
  • 駭 … 驚く。
  • 覆也 … 伏兵がいるからである。「覆」も、伏兵の意。
塵高而鋭者、車來也。
ちりたかくしてするどきは、くるまきたるなり。
  • 塵高而鋭者 … 砂塵が高く舞い上がって、先端が尖っているのは。
  • 車来也 … 戦車が来るからである。
卑而廣者、徒來也。
ひくくしてひろきは、きたるなり。
  • 卑而広者 … 砂塵が低く一面に広がって舞い上がるのは。
  • 徒来也 … 敵の歩兵がやって来るからである。
散而條達者、樵採也。
さんじてじょうたつするは、しょうさいするなり。
  • 散而条達者 … 砂塵があちらこちらで細い筋のように舞い上がるのは。「条」は、すじ。「達」は、十分にのびること。
  • 樵採也 … 炊事のために薪を取っているからである。
少而往來者、營軍也。
すくなくして往来おうらいするは、ぐんいとなむなり。
  • 少而往来者 … 砂塵が少しだけしか上がらず、兵士が行ったり来たりしているのは。
  • 営軍也 … 宿営の準備をしているからである。
辭卑而益備者、進也。
ひくくしてそなえをすは、すすむなり。
  • 辞卑而益備者 … 敵の使者の口上はへりくだっているのに、着々と守備を増強しているのは。
  • 進也 … 実は進撃しようとしているからである。
辭疆而進驅者、退也。
つよくしてしんするは、退しりぞくなり。
  • 辞疆而進駆者 … 敵の使者の口上が強硬で、今にも進軍してくるかのように見せるのは。「疆」は武経本では「強」に作る。
  • 進駆 … 敵陣に向かって進むこと。
  • 退也 … 実は退却しようとしているからである。
輕車先出、居其側者、陳也。
軽車けいしゃさきでて、かたわらるは、じんするなり。
  • 軽車先出 … 軽戦車が前面に出てきて。
  • 軽車 … 戦車。軽戦車。
  • 居其側者 … 敵軍の両側に配置しているのは。
  • 陳也 … 陣立てをしているのである。「陣」と「陳」は同義。
無約而請和者、謀也。
やくくしてうは、はかるなり。
  • 無約而請和者 … 敵が窮迫した事情もないのに、講和を申し入れてくるのは。「約」は、ここでは困窮。貧窮。一説に、誓う、約束するの意。
  • 謀也 … 何か計略があるからである。
奔走而陳兵車者、期也。
奔走ほんそうして兵車へいしゃつらぬるは、するなり。
  • 奔走而陳兵車者 … 敵が慌ただしく戦車を配置しているのは。
  • 兵車 … 戦車。武経本には「車」の字なし。
  • 期也 … 決戦を期しているからである。
半進半退者、誘也。
半進はんしん半退はんたいするは、さそうなり。
  • 半進半退者 … 敵の軍隊が進んだり、退いたりしているのは。
  • 誘也 … こちらを誘い出そうとしているからである。
杖而立者、飢也。
つえつきてつは、うるなり。
  • 杖而立者 … 兵士が杖にすがって立っているのは。兵器を杖として身体を支えているのは。
  • 飢也 … 食糧が不足しているからである。
汲而先飮者、渇也。
みてむは、かつするなり。
  • 汲而先飲者 … 水汲みに出て、本人が先に飲んでしまうのは。
  • 渇也 … 飲料水が不足しているからである。
見利而不進者、勞也。
すすまざるは、つかるるなり。
  • 見利而不進者 … 敵が有利なものを見ても、進んで攻撃してこないのは。
  • 労也 … 疲労しているからである。
鳥集者、虚也。
とりあつまるは、むなしきなり。
  • 鳥集者 … 鳥が敵陣の上に集まっているのは。
  • 虚也 … 敵がそこにいないからである。
夜呼者、恐也。
よるぶは、おそるるなり。
  • 夜呼者 … 夜、敵陣から大声で呼び交わす声が聞こえるのは。
  • 恐也 … 敵の兵士が恐怖にかられているからである。
軍擾者、將不重也。
ぐんみだるるは、しょうおもからざるなり。
  • 軍擾者 … 敵軍が乱れて騒がしいのは。
  • 将不重也 … 敵の将軍に威厳がないからである。
旌旗動者、亂也。
せいうごくは、みだるるなり。
  • 旌旗動者 … 敵の旗が揺れ動いているのは。
  • 旌旗 … 旗。旗指物。
  • 乱也 … 軍の秩序が乱れているからである。
吏怒者、倦也。
いかるは、みたるなり。
  • 吏怒者 … 上官が部下を怒鳴り散らすのは。
  • 倦也 … 兵士たちが戦いに飽きて疲れているからである。
粟馬肉食、軍無懸缻、不返其舍者、窮寇也。
うまぞくしてにくしょくし、ぐんくることく、しゃかえらざるは、きゅうこうなり。
  • 粟馬 … 兵士の食べる食糧を馬に食べさせる。
  • 粟 … 穀物の総称。武経本では「殺」に作る。
  • 肉食 … 兵士が牛馬を殺してその肉を食べる。武経本では「肉食者」に作る。
  • 軍無懸缻 … 懸けている軍の炊事道具を取り片付けてしまう。「缻」は、鍋や釜などの炊事道具を指し、使用しないときは懸けておく。武経本では「軍無糧也懸缶」に作る。
  • 不返其舎者 … 野営の兵舎に戻ろうとしないのは。
  • 窮寇 … 進退窮まった敵。窮地に陥っている敵。
諄諄翕翕、徐與人言者、失衆也。
諄諄翕翕じゅんじゅんきゅうきゅうとして、おもむろひとうは、しゅううしなうなり。
  • 諄諄 … 丁寧に説き聞かせること。ねんごろに繰り返し話すこと。
  • 翕翕 … 相手に合わせるように努めること。したに出ること。武経本では「mojikyo_font_035952mojikyo_font_035952」に作る。
  • 徐与人言者 … 静かにゆっくりと兵士に話しかけているのは。「徐」は、ゆっくりしている様子。
  • 失衆也 … 部下の信望を失っているからである。
數賞者、窘也。
数〻しばしばしょうするは、くるしむなり。
  • 数 … 「しばしば」と読み、「たびたび」と訳す。書き下し文では「〻」(二の字点)が用いられ、「数〻しばしば」と表記されることが多い。
  • 賞者 … 賞を与えるのは。
  • 窘也 … 行き詰まって苦しんでいるからである。
數罰者、困也。
数〻しばしばばっするは、くるしむなり。
  • 罰者 … 罰を与えるのは。
  • 困也 … 苦境を脱しようとして苦しんでいるからである。「困」は「窘」と同じ。
先暴而後畏其衆者、不精之至也。
さきぼうにしてのちしゅうおそるるは、せいいたりなり。
  • 先暴而後畏其衆者 … 始めは乱暴に兵士たちを扱っておきながら、後からその兵士たちの離反を恐れるのは。
  • 不精之至也 … まったく配慮が足りないことである。「不精」は、その道に精通していないの意。
來委謝者、欲休息也。
きたりて委謝いしゃするは、きゅうそくほっするなり。
  • 来委謝者 … 敵の軍使がやって来て、穏やかに詫び言を言うのは。「委謝」は、穏やかに詫び言を言うこと。
  • 欲休息也 …しばらく休戦して兵士を休ませたいからである。
兵怒而相迎、久而不合、又不相去、必謹察之。
へいいかりてあいむかえ、ひさしくしてがっせず、またあいらざるは、かならつつしみてこれさっせよ。
  • 兵怒而相迎 … 敵の兵士がいきり立って、攻め寄せてきて我が軍と対峙し。
  • 久而不合 … しばらく経っても戦おうとせず。
  • 又不相去 … また撤退もしないのは。
  • 必謹察之 … 何か意図があるから、必ず慎重に観察しなければならない。
05 兵非益多也。
へいおおきをえきとするにあらざるなり。
  • 兵非益多也 … 戦争は、兵士の数が多ければ多いほどよいというものではない。「益」は、有益。武経本では「兵非貴益多」に作る。
惟無武進、足以併力、料敵、取人而已。
しんすることく、もっちからあわせて、てきはかるにらば、ひとらんのみ。
  • 惟無武進 … ただ猛進することなく。「惟」は武経本では「唯」に作る。
  • 武進 … 勇ましく進むこと。
  • 足以併力 … 味方の戦力を集中する。
  • 料敵 … 敵情をはかることが十分であれば。敵の力量を計算し、把握できれば。
  • 取人而已 … 敵を攻め取ることができる。「人」は、敵を指す。
夫惟無慮而易敵者、必擒於人。
おもんぱかくしててきあなどものは、かならひととりこにせらる。
  • 惟無慮而易敵者 … 思慮が浅く、敵を軽視するならば。「惟」は武経本では「唯」に作る。
  • 必擒於人 … 必ず敵の捕虜にされるであろう。「人」は、敵を指す。「擒」は、捕虜にする。
卒未親附而罰之、則不服。
そついましんせざるにしかこればっすれば、すなわふくせず。
  • 卒 … 兵士。歩兵。兵卒。
  • 未親附 … まだ将軍に親しみなついていないのに。
  • 親附 … 親しむ。なつく。
  • 罰之 … 懲罰を行なうと。「之」は卒を指す。
  • 不服 … 心服しなくなる。服従しなくなる。
不服、則難用也。
ふくせざれば、すなわもちがたきなり。
  • 不服則難用也 … 心服しない者は使いにくい。
  • 也 … 武経本にはこの字なし。
卒已親附而罰不行、則不可用也。
そつすでしんせるにしかばつおこなわれざれば、すなわもちからざるなり。
  • 已親附而罰不行 … すでに将軍に親しみなついているのに、懲罰を行なわないでいると。
  • 不可用也 … 用いることができない。働かせることができない。
  • 也 … 武経本にはこの字なし。
故令之以文、齊之以武。
ゆえこれれいするにぶんもってし、これととのうるにもってす。
  • 令之以文 … 兵士に対し、徳をもって教える。「之」は、兵を指す。「令」は、教令する。教育する。「文」は、ここでは徳。恩徳。温情。
  • 斉之以武 … 軍の法令をもって兵士を統制する。「武」は、軍の法令を指す。
是謂必取。
これ必取ひっしゅう。
  • 必取 … 敵を必ず攻め取る方法。
令素行以教其民、則民服。
れいもとよりおこなわれてもったみおしうれば、すなわたみふくす。
  • 令素行以教其民 … 普段から法令が守られていて、動員された兵士に軍の法令を教えるならば。「民」は、ここでは人民ではなく、動員されたばかりの新兵を指す。
  • 民服 … 兵士は服従する。
令不素行以教其民、則民不服。
れいもとよりおこなわれずしてもったみおしうれば、すなわたみふくせず。
  • 令不素行以教其民 … 普段から法令が守られていないのに、動員された兵士に軍の法令を教えるならば。「民」は、ここでは人民ではなく、動員されたばかりの新兵を指す。
  • 民不服 … 兵士は服従しない。
令素行者、與衆相得也。
れいもとよりおこなわるるものは、しゅうあいるなり。
  • 令素行者 … 日頃から法令が徹底していれば。
  • 与衆相得也 … 将軍と兵士は心が相通じ合う。兵士の信頼を勝ち取ることができる。「衆」は、ここでは大衆ではなく、兵士を指す。
計篇 作戦篇
謀攻篇 形篇
勢篇 虚実篇
軍争篇 九変篇
行軍篇 地形篇
九地篇 火攻篇
用間篇