>   その他   >   李衛公問対   >   巻上〔十一〕

李衛公問対 巻上〔十一〕

太宗曰、春秋楚子二廣之法云、百官象物而動、軍政不戒而備。此亦得周制歟。
太宗たいそういわく、春秋しゅんじゅう楚子そしこうほういわく、百官ひゃっかんものかたどりてうごき、軍政ぐんせいいましめずしてそなう、と。しゅうせいたるか。
  • ウィキソース「唐李問對/卷上」参照。
  • 春秋 … 『春秋左氏伝』。
  • 楚子 … 楚の荘王そうおう。在位前614~前591。春秋五覇の一人。楚子の子は、子爵の国にほうぜられたための称。ウィキペディア【荘王 (楚)】参照。
  • 二広 … 楚の軍隊の名。左右の二軍をいう。『春秋左氏伝』宣公十二年に「きみじゅうは、わかちてこうす。こう一卒いっそつり、そつへんりょうとあり。右広ゆうこうはじめてし、かぞえてにっちゅうおよべば、すなわこれけて、もっこんいたる」(其君之戎、分二廣。廣有一卒、卒偏之兩。右廣初駕、數及日中、左則受之、以至于昏)とある。ウィキソース「春秋左氏傳/宣公」参照。
  • 百官象物而動、軍政不戒而備 … 全軍はそれぞれ物にかたどった旗指物に従って動き、軍政は厳重に戒めなくても立派に行われている。『春秋左氏伝』宣公十二年に見える言葉。ウィキソース「春秋左氏傳/宣公」参照。
  • 得周制歟 … 周の制度に基づいたものか。
  • 歟 … 底本では「與」に作るが、『直解』に従い改めた。
靖曰、案左氏説、楚子乘廣三十乘。廣有一卒、卒偏之兩。
せいいわく、左氏さしせつあんずるに、楚子そしじょうこうさんじゅうじょうこう一卒いっそつり、そつへんりょうとあり。
  • 左氏説 … 『春秋左氏伝』の説。
  • 案 … 見てみると。研究してみると。『直解』では「按」に作る。
  • 乗広 … 兵車。戦車。『春秋左氏伝』宣公十二年に「楚子そしじょうこうさんじゅうじょうつくり、わかちてゆうす」(楚子爲乘廣三十乘、分爲左右)とある。ウィキソース「春秋左氏傳/宣公」参照。
  • 三十乗 … 三十台。「乗」は、車を数える語。「三」は、『直解』では「二」に作る。
  • 広有一卒、卒偏之両 … 左右の軍隊には、それぞれ百人の兵士が配属され、百人の兵士にはそれを援護する五十人の偏と、またその偏を援護する二十五人の両とがついている。「広」は、戦車十五乗からなる。「一卒」は、兵士百人。「之」は「与」と同じ。『春秋左氏伝』宣公十二年に「こう一卒いっそつり、そつへんりょうとあり」(廣有一卒、卒偏之兩)とある。ウィキソース「春秋左氏傳/宣公」参照。なお、ここの解釈には異説が多い。
軍行右轅。以轅爲法。故挾轅而戰。皆周制也。
軍行ぐんこうにはながえみぎにし、ながえもっほうす。ゆえながえはさんでたたかう。みなしゅうせいなり。
  • 軍行右轅 … 兵士は戦車のながえの右側を行進する。「軍行」は、軍隊の行進。行軍。
  • 轅 … 兵車・戦車などの前方に突き出た二本の棒。
  • 以轅為法 … ながえをもって隊列の限界とする。
  • 挟轅而戦 … 車戦ではながえを挟んで戦う。
  • 皆周制也 … みな周の制度と同じである。
臣謂、百人曰卒、五十人曰兩。此是毎車一乘、用士百五十人。比周制差多爾。
しんおもえらく、ひゃくにんそつい、じゅうにんりょうう。れはくるまいちじょうごとに、ひゃくじゅうにんもちう。しゅうせいすればややおおきのみ。
  • 臣謂 … わたくしが考えることには。わたくしが思うのには。
  • 士 … 兵士。戦士。
  • 比周制差多爾 … 周の制度に比べると、いくらか多いだけである。「比」は、底本では「此」に作るが、『直解』に従い改めた。「爾」は、『直解』では「耳」に作る。
  • 差 … 「やや」と読む。いくらか。
周一乘歩卒七十二人、甲士三人、以二十五人爲一甲。凡三甲、共七十五人。
しゅういちじょうそつしちじゅうにんこうさんにんじゅうにんもっ一甲いっこうす。およ三甲さんこうともしちじゅうにんなり。
  • 一乗 … 戦車一台。
  • 歩卒 … 徒歩で戦う兵士。歩兵。
  • 甲士 … 武装した兵士。鎧を身につけた兵士。甲兵。甲卒。
  • 以二十五人為一甲 … 二十五人を一甲という。一甲の内訳は、歩卒二十四人と甲士一人。
楚山澤之國、車少而人多。分爲三隊、則與周制同矣。
山沢さんたくくにくるますくなくしてひとおおし。けて三隊さんたいせば、すなわしゅうせいおなじ。
  • 山沢 … 山林と藪の茂った沢が多いこと。
  • 車少而人多 … 戦車が少ない割に人が多い。
太宗曰、春秋荀吳伐狄、毀車爲行。亦正兵歟、奇兵歟。
太宗たいそういわく、春秋しゅんじゅうじゅんてきつとき、くるまこわしてこうす。正兵せいへいか、へいか。
  • 荀呉 … ?~前519。晋の武将。中行穆子。荀偃の子。前541年、太原でてきを撃破した。ウィキペディア【中行氏 (晋)】参照。
  • 狄 … えびす。北方にいた民族。北狄。ウィキペディア【北狄】参照。
  • 伐 … 敵をうちやぶる。征伐。討伐。『春秋左氏伝』昭公元年に「しんじゅんひきいててきたいやぶる」(晉荀吳帥師敗狄于大鹵)とある。ウィキソース「春秋左氏傳/昭公」参照。
  • 毀車為行 … 戦車を棄てて歩兵だけで行軍した。
  • 正兵 … 正々堂々と陣を組んで敵と戦う軍隊のこと。
  • 奇兵 … 敵の不意を討つ役割をする軍隊のこと。
靖曰、荀吳用車法爾。雖舍車、而法在其中焉。
せいいわく、じゅん車法しゃほうもちうるのみ。くるまつといえども、しかほうなかり。
  • 車法 … 車戦の原則。
  • 爾 … 『直解』では「耳」に作る。
一爲左角、一爲右角、一爲前拒、分爲三隊。此一乘法也。千萬乘皆然。
いちかくし、いちゆうかくし、いち前拒ぜんきょし、けて三隊さんたいす。いちじょうほうなり。千万せんまんじょうみなしかり。
  • 左角 … 左翼部隊。
  • 右角 … 右翼部隊。
  • 前拒 … 前衛部隊。先鋒部隊。
  • 一乗法 … 戦車一台の戦術。
  • 千万乗皆然 … 戦車が千台や一万台に増えても同じである。
臣案、曹公新書云、攻車七十五人、前拒一隊、左右角二隊。守車一隊、炊子十人、守裝五人、廐養五人、樵汲五人、共二十五人。
しんあんずるに、曹公そうこう新書しんしょいわく、攻車こうしゃしちじゅうにん前拒ぜんきょ一隊いったいゆうかくたい守車しゅしゃ一隊いったいすいじゅうにん守装しゅそうにんきゅうようにん樵汲しょうきゅうにんともじゅうにん
  • 案 … 考えてみると。思うに。『直解』では「按」に作る。
  • 曹公 … 曹操。155~220。三国時代、魏の始祖。はいこくしょうあん省)の人。あざなは孟徳。幼名はまん。184年、黄巾の乱を平定して名を挙げ、196年、献帝を擁して大将軍となった。200年、官渡の戦いで袁紹を破り、華北を統一した。208年、赤壁の戦いに敗れ、三国が併存することとなった。216年、魏王に封ぜられた。死後、武帝と称された。ウィキペディア【曹操】参照。
  • 新書 … 曹操が著した兵法書。現在は伝わっていない。
  • 攻車 … 攻撃用の戦車。軽車。
  • 七十五人 … 兵士七十五人。
  • 前拒 … 前衛部隊。
  • 左右角 … 左翼部隊と右翼部隊。
  • 守車 … 兵車の一つ。ちょう(兵器・食糧などを輸送する)を守護する車。輜重車。重車。
  • 炊子 … 炊事兵。
  • 守装 … 軍衣などを見張る役。
  • 廐養 … 馬の世話をする役。
  • 樵汲 … たきぎをとり、水を汲む役。
攻守二乘、凡百人。興兵十萬、用車千乘、輕重二千。此大率荀吳之舊法也。
攻守こうしゅじょうおよひゃくにんへいおこすことじゅうまんなれば、くるませんじょうけいちょうせんもちう、と。大率おおむねじゅんきゅうほうなり。
  • 攻守 … 攻車と守車。
  • 軽重 … 軽車と重車。「軽」は攻車、「重」は守車を指す。
  • 大率 … おおむね。おおかた。だいたい。
又觀漢魏之閒軍制、五車爲隊、僕射一人。十車爲師、率長一人。凡車千乘、將吏二人。多多倣此。
またかんかん軍制ぐんせいるに、しゃたいし、ぼく一人いちにんじっしゃし、そっちょう一人いちにんおよくるませんじょうにして、しょうにん多多たたこれならう。
  • 漢魏 … 前漢(前206~8)、後漢(25~220)、および魏(220~265)の時代。
  • 僕射 … 武官の名。小隊長。
  • 率長 … 「すいちょう」とも読む。部隊長。中隊長。
  • 将吏 … 大将と役人。ここでは大将と副将。
  • 多多倣此 … これ以上戦車の数が多くなっても、この原則に倣う。
臣以今法參用之、則跳盪騎兵也。戰鋒隊歩騎相半也。駐隊兼車乘而出也。
しんいまほうもっまじえてこれもちうれば、すなわちょうとうへいなり。戦鋒隊せんぽうたい歩騎ほきあいなかばするなり。ちゅうたいしゃじょうねてずるなり。
  • 今法 … 唐代の軍制。
  • 跳盪 … 唐代の隊伍の名。跳盪隊。敵の隙をみておどり出て、敵陣を打ち負かす。「盪」は、揺り動かすこと。
  • 戦鋒隊 … 唐代の隊伍の名。主力部隊。
  • 歩騎相半也 … 歩兵と騎兵と同数の組合せである。
  • 駐隊 … 唐代の隊伍の名。後衛部隊。
臣西討突厥、越險數千里、此制未甞敢易。蓋古法節制、信可重也。
しん西にしのかた突厥とっけつちしとき、けんえることすうせんせいいまかつえてえず。けだほう節制せっせいまことおもんずきなり。
  • 西 … 「にしのかた」と読み、「西のほうで」と訳す。
  • 突厥 … 六世紀中頃から八世紀にかけて、モンゴルから中央アジアを支配したトルコ系遊牧民族とその遊牧国家。ウィキペディア【突厥】参照。
  • 険 … 険しい山。険阻な山。
  • 此制 … この制度・原則。
  • 古法節制 … 古来から伝わる制度・原則。「節制」は、厳しい規律。
  • 信 … まことに。
  • 重也 … 尊重すべきである。底本では「重焉」に作るが、『直解』に従い改めた。
巻上
1 太宗曰、高麗数侵新羅……
2 太宗曰、朕破宋老生……
3 太宗曰、凡兵却、皆謂之奇乎……
4 太宗曰、奇正素分之歟……
5 太宗曰、曹公云、奇兵旁撃……
6 太宗曰、分合為変者、奇正……
7 太宗曰、古人臨陣出奇、攻人……
8 太宗曰、黄帝兵法、世握奇文……
9 太宗曰、陣数有九。中心零者……
10 太宗曰、漢張良、韓信、序次……
11 太宗曰、春秋楚子二廣之法……
12 太宗幸霊州回、召靖賜坐曰……
13 太宗曰、諸葛亮言、有制之兵……
14 太宗曰、蕃兵唯勁馬奔衝……
15 太宗曰、近契丹、奚皆内属……