>   その他   >   李衛公問対   >   巻上〔一〕

李衛公問対 巻上〔一〕

太宗曰、高麗數侵新羅。
太宗たいそういわく、高麗こうらい数〻しばしば新羅しらぎおかす。
  • ウィキソース「唐李問對/卷上」参照。
  • 高麗 … 国名。こう句麗くりの別称。918年から1392年まで朝鮮半島に存在した王朝の「高麗こうらい」とは別の国。紀元前1世紀から紀元7世紀にかけて、中国東北部(旧満州)から朝鮮北部を支配し、新羅しらぎ百済くだらとともに朝鮮半島を三分した。668年、唐と新羅の連合軍に滅ぼされた。「高麗こま」とも。ウィキペディア【高句麗】参照。
  • 新羅 … 国名。四世紀中頃から台頭し、六世紀半ばに任那みまなを、七世紀後半には百済くだらこう句麗くりを滅ぼして、朝鮮で最初の統一王朝となった。935年、高麗こうらいに滅ぼされた。「しん」とも。ウィキペディア【新羅】参照。
  • 数 … 「しばしば」と読み、「たびたび」と訳す。書き下し文では「〻」(二の字点)が用いられ、「数〻しばしば」と表記されることが多い。
  • 侵 … 侵略する。
朕遣使諭、不奉詔、將討之。如何。
ちん使つかいをつかわしてさとせども、みことのりほうぜず、まさこれたんとす。如何いかん
  • 朕 … 古代の一人称代名詞。われ。わが。なお、秦の始皇帝から、天子だけが用いる一人称代名詞となった。
  • 使 … 使者。
  • 遣 … 命令して出向かせること。派遣すること。『直解』では「譴」に作る。
  • 諭 … 言いきかせる。
  • 詔 … 天子の命令。
  • 奉 … 目上の人からの命令を謹んで受け、それに従うこと。
靖曰、探知蓋蘇文、自恃知兵、謂中國無能討。
せいいわく、がいぶんたんするに、みずかへいるをたのんで、ちゅうごくつことしとおもう。
  • 蓋蘇文 … ?~665。高句麗末期の逆臣。642年、栄留王(建武)を弑して、その弟の宝蔵王を擁立し、権力を掌握した。ウィキペディア【淵蓋蘇文】参照。
  • 探知 … 探って知ること。
  • 自恃知兵 … ここでは、自分は軍隊をうまく動かせると自信満々になること。「恃」は、何かをあてにすること。
  • 中国 … ここでは、唐を指す。
  • 無能討 … 唐の高句麗出兵はない。ウィキペディア【唐の高句麗出兵】参照。
故違命。臣請師三萬擒之。
ゆえめいたがう。しん三万さんまんうてこれとりこにせん。
  • 違命 … 命令に従わない。
  • 臣 … 臣下が君主に対し、へりくだっていう自称の言葉。
  • 師 … 軍隊。師団。
  • 擒 … 生けどりにすること。とりこりょりょ
太宗曰、兵少地遥。以何術臨之。
太宗たいそういわく、へいすくなくはるかなり。なんじゅつもってかこれのぞまん。
  • 地遥 … 戦場がはるか遠いこと。
  • 術 … 戦術。
靖曰、臣以正兵。
せいいわく、しん正兵せいへいもってせん。
  • 正兵 … 正々堂々と陣を組んで敵と戦う軍隊のこと。反対語は「奇兵」。
太宗曰、平突厥時用奇兵。今言正兵何也。
太宗たいそういわく、突厥とっけつたいらげしときへいもちいたり。いま正兵せいへいうはなんぞや。
  • 突厥 … 六世紀中頃から八世紀にかけて、モンゴルから中央アジアを支配したトルコ系遊牧民族とその遊牧国家。ウィキペディア【突厥】参照。
  • 奇兵 … 敵の不意を討つ役割をする軍隊のこと。反対語は「正兵」。
靖曰、諸葛亮七擒孟獲。無他道也。正兵而已矣。
せいいわく、諸葛しょかつりょうななたび孟獲もうかくとりこにせり。みちし。正兵せいへいのみ。
  • 諸葛亮 … 181~234。三国時代、蜀の忠臣。ろう陽都(現在の山東省なん県)の人。あざなは孔明。はじめ襄陽の隆中に隠棲しりょうといわれていた。劉備の三顧の礼に応じて仕え、活躍した。詩文に「出師表」「梁父吟」などがある。ウィキペディア【諸葛亮】参照。
  • 孟獲 … 三国時代の南中の武将。ウィキペディア【孟獲】参照。
  • 七擒 … 七度虜にする。諸葛亮が孟獲を七度逃がしてやり、七度捕らえた故事に基づく。『三国志』蜀書・諸葛亮伝の注に「りょうわらいてはなち、さらたたかわしめ、七縦しちしょう七禽しちきんするも、りょうかくらんとす。かくとどまりてらず」(亮笑縱、使更戰、七縱七禽、而亮猶遣獲。獲止不去)とある。ウィキソース「三國志/卷35」参照。
太宗曰、晉馬隆討涼州、亦是依八陳圖、作偏箱車。
太宗たいそういわく、しんりゅう涼州りょうしゅうちしときも、八陣はちじんり、偏箱車へんそうしゃつくる。
  • 馬隆 … 西晋の名将。字は孝興。えんしゅう東平国の人。涼州を平定し、また西平郡を治めた。ウィキペディア【馬隆】参照。
  • 涼州 … 前漢時代、現在の甘粛省中部の武威市に置かれた州。ウィキペディア【涼州】参照。
  • 八陣図 … 諸葛亮が作った八種類の陣形。八卦に基づいたもので、洞当・中黄・竜騰・鳥飛(鳥翔)・虎翼・折衝・衡(連衡)・握機(握奇)と名付けられている。
  • 偏箱車 … 古代の兵車の名。一説に、折りたたみ式戦車。
地廣則用鹿角車營、路狹則爲木屋施於車上。且戰且前。信乎、正兵古人所重也。
ひろければすなわ鹿角車ろっかくしゃもちいてえいし、みちせまければすなわ木屋もくおくつくりてしゃじょうほどこす。たたかすすめり。しんなるかな、正兵せいへいじんおもんずるところなり。
  • 鹿角車 … 古代の兵車の名。車の前にげき(長い柄の先に両刃の剣をつけ、槍のように敵を突いて攻める武器)をつけたもの。広い場所で使用する。
  • 営 … 舎営すること。
  • 木屋 … 木の屋根。
  • 且戦且前 … 戦いながら前進する。
靖曰、臣討突厥、西行數千里。若非正兵、安能致遠。
せいいわく、しん突厥とっけつちしとき、西にしくことすうせん正兵せいへいあらずんば、いずくんぞとおきをいたさん。
  • 安 … 「いずくんぞ~ん(や)」と読み、「どうして~(する)のか、いや~ない」と訳す。反語の意を示す。
  • 遠 … 遠征。
偏箱、鹿角、兵之大要。
偏箱へんそう鹿角ろっかくへい大要たいようなり。
  • 偏箱 … 偏箱車。
  • 鹿角 … 鹿角車。
  • 兵之大要 … 用兵の最も肝要なところ。
一則治力、一則前拒、一則束部伍、三者迭相爲用。斯馬隆所得古法深矣。
いちにはすなわちからおさめ、いちにはすなわすすふせぎ、いちにはすなわ部伍ぶごつかね、三者さんしゃたがいにようあいす。りゅうほうところふかきなり。
  • 治力 … 人力を貯え節約する。人力を掌握する。『孫子』軍争篇に「ちかきをもっとおきをち、いつもっろうち、ほうもっつ。ちからおさむるものなり」(以近待遠、以佚待勞、以飽待饑、此治力者也)とある。
  • 前拒 … 前進しながら敵を防ぐ。
  • 束部伍 … 部隊の隊形を整え、結束をはかる。
  • 三者 … 三つの目的。「治力」「前拒」「束部伍」を指す。
  • 迭相為用 … 互いによい作用をする。
  • 古法 … 古い兵法の精神。ここでは、諸葛亮の兵法を指す。
巻上
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15