>   故事成語   >   さ行   >   書冊秋に読むべく、詩句秋に捜すべし

書冊秋に読むべく、詩句秋に捜すべし

書冊しょさつあきむべく、詩句しくあきさがすべし
  • 出典:ようばん「秋に感ず(感秋五首 其五)」
  • 解釈:読書は秋がふさわしく、詩作のための詩句を選ぶのも秋がふさわしい。
  • 楊万里 … 1127~1206。南宋の詩人、学者。吉州吉水(江西省吉水県)の人。あざなは廷秀。号は誠斎。おくりなは文節。南宋四大家(陸游・范成大・楊万里・尤袤)の一人。紹興二十四(1154)年、進士に及第。同年の合格者に范成大がいる。国子博士などを歴任し、宝文閣待制を以て退官した。自由闊達な詩風で、俗語を多用した。著に『誠斎集』百三十三巻などがある。ウィキペディア【楊万里】参照。
……、書冊秋可讀、詩句秋可搜、永夜宜痛飲、曠野宜遠遊、……。
……、書冊しょさつあきむべく、詩句しくあきさがすべし、永夜えいや痛飲つういんよろしく、曠野こうや遠遊えんゆうよろし、……。
  • 書冊 … 書物。本。書策とも。
  • 永夜 … 夜が長いと感じられる季節。長夜。
  • 痛飲 … とことんまで酒を飲むこと。
  • 曠野 … 広々とした野原。
  • 遠遊 … 遠くまで遊びに出かけること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ