>   故事成語   >   あ行   >   一陽来復

一陽来復

一陽いちよう来復らいふく
  • 出典:『周易本義』復・本義
  • 解釈:冬が過ぎて春が訪れること。転じて、新年が来ること。しばらく悪いことが続いたが、ようやく幸運がめぐってくること。
又自五月、姤卦一陰始生、至此七爻、而一陽來復。乃天運之自然。
また五月ごがつ姤卦こうか一陰いちいんはじめてしょうずるより、ここいたりて七爻しちこうにして、一陽いちよう来復らいふくす。すなわ天運てんうん自然しぜんなり。
  • 姤卦 … 六十四の一つ。柔(女)が剛(男)に出会うさまを示す。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ