>   故事成語   >   さ行   >   霜葉は二月の花よりも紅なり

霜葉は二月の花よりも紅なり

霜葉そうようがつはなよりもくれないなり
  • 出典:杜牧「山行」(三体詩)。ウィキソース「山行 (杜牧)」参照。
  • 解釈:霜を経て紅葉した葉は二月に咲く花よりも赤く美しい。
  • 杜牧 … 803~853。晩唐の詩人。けいちょうばんねん陝西せんせい省西安市)の人。あざなぼく。号は樊川はんせん。杜甫(ろうだい)に対し、しょうと称される。詩文集『樊川はんせん文集』がある。ウィキペディア【杜牧】参照。
  • 関連リンク:「霜葉紅於二月花」(茶席の禅語選)
停車坐愛楓林晩
くるまとどめてそぞろあい楓林ふうりんくれ
  • 坐 … そのままなんとはなしに。
  • 愛 … 鑑賞する。
  • 楓林 … 紅葉林。
  • 晩 … 夕暮れ。
霜葉紅於二月花
霜葉そうようがつはなよりもくれないなり
  • 霜葉 … 霜にあったために紅葉した葉。
  • 於 … 比較の対象を示す助字。ちなみにこの句から「こう」が楓の別称となった。
  • 二月花 … 桃の花を指す。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ